韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船、「カタール100隻受注」に歓呼したが…その前に「枯死」危機

韓国造船、「カタール100隻受注」に歓呼したが…その前に「枯死」危機

今年上半期の世界の船舶発注量が過去最低となった。1997年の通貨危機、2008年のグローバル金融危機当時よりも少ない。造船業界では「カタール液化天然ガス(LNG)船100隻の発注がある前に枯死する」という声が出ている。

英国造船海運市況分析機関クラークソンリサーチによると、今年上半期の世界の船舶発注量は575万CGT(標準貨物船換算トン数)と、前年同期比58.3%減少した。これはクラークソンが統計を出し始めた1996年以降で最も少ない。従来の最低は通貨危機直後の1999年の658万CGTだった。好況だった2007年(4619万CGT)と比較すると8分の1にすぎない。国別受注量も韓国は118万CGTにとどまり、中国(351万CGT)との差が大きかった。

受注減少の理由は、新型コロナウイルスの感染拡大で船主が発注を先延ばししているからだ。現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業の「造船ビッグ3」はまだ今年の目標受注量の15%にすぎない。先月初め造船3社がカタールとLNG船23兆6000億ウォン(約20兆円)規模のスロット契約を締結したことが伝えられたが、今回の発表でまた雰囲気は冷え込んだ。業界関係者は「覚悟はしていたが、蓋を開けてみると予想よりはるかに深刻だった」とし「最悪の雇用寒波が襲った2016年と似た雰囲気」と伝えた。

スポンサードリンク
今年の受注減少の影響は2、3年後まで続くという分析だ。契約後に船舶の設計、原材料の購買などを経て実際の建造に入るのに通常2年ほどかかるため、今後の数年間は造船会社のドックが空く可能性がある。2027年までと予定されているカタールLNG船100隻発注は未来の話という説明だ。造船3社は今年下半期にモザンビークとロシアで予定されている大規模なLNG船発注に期待している。しかし最近はLNG運賃が急落し、プロジェクトが延期されるという見方も出ている。クラークソンによると、16万立方メートル級LNG船の一日スポット運賃は3万4000ドルと、前年同期比で38.1%下落した。

業界関係者は「カタールが年末からLNG船を発注しても、現在の状況が続けばその前に流動性危機を迎えるかもしれない」とし「政府の積極的な金融支援が必要だ」と強調した。
https://japanese.joins.com/JArticle/267861?servcode=300§code=320

造船世界最大手の韓国造船海洋2月に発表した2019年12月期の連結営業損益は2902億ウォン(約270億円)の黒字で、前の期の4814億ウォンの赤字から転換した。利益率の高い液化天然ガス(LNG)船の受注増や海洋プラント事業の追加工事で収益を確保した。売上高は15%増の15兆1826億ウォンだった。現代重工業は19年に国内大手の大宇造船海洋を買収すると発表し、新設の持ち株会社「韓国造船海洋」傘下に現代重工業と大宇造船をぶら下げる計画だ。現在は各国の独禁法当局が審査を進めており、買収完了前にもかかわらず現代重工業の代わりに持ち株会社側を上場企業にした。

だが、造船海運分析の英「クラークソンズ・リサーチ」社が発表したデータによると、2020年第1四半期(1~3月期)の造船受注量は、中国が市場全体の64.8%を占める151万CGT(標準貨物船換算トン数)で1位になったと報じている。韓国が15.4%に当たる36万CGTで2位、日本が7.7%の18万CGTで3位。韓国には3大造船会社があるが、仲が悪く3社が世界中でダンピング受注しまくり、3社とも2014年からの大赤字、粉飾が表面化し、政府が全面支援していた。

韓国に多くある中小造船会社に対し、失業者対策もあり政府の支援により持ちこたえている。また、中小造船会社に対しては政府が、必要もない小型船を大量に発注し、救済していた。また原油価格が暴落しており、最大の消費国である米国が生産調整に乗り気ではなく、OPEC+αが970バレルの減産をしても、1日1億バレルが世界の消費量、1割や2割減産になっても暴落したままとなっている。こうした状況下、韓国勢が得意とする天然ガス運搬船の新たな発注は、経済回復の見通しがつかない限り、難しい状態だ。

韓国文政権は、金は天からの回りものにしているが、米国がスワップを600億ドル締結してやりやっと金融危機を回避したが、まだマジノ線である対ドル1200ウォンを超えている。4月は貿易収支も赤字転落状態だ。韓国は新コロナから開放され国内経済は動こうが、輸出経済であり、欧米が回復過程に入らない限り、本格的な回復はない。中国への輸出にしても、韓国から輸出される中間材が組み込まれ、中国経由で欧米へ輸出されており、中国が新コロナから開放されても、韓国の中国向けが本格回復するわけではない。

関連記事

[ 2020年07月08日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp