韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  素材・部品・設備の国産化「半分は成功」…サムスンが使うフォトレジスト、あと5年は日本に依存

素材・部品・設備の国産化「半分は成功」…サムスンが使うフォトレジスト、あと5年は日本に依存

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月29日、「日本が一方的な輸出規制措置を断行して以降1年間、我々は奇襲的な措置に揺るがず、正面突破し、むしろ災いを福となす契機をつくった」と述べた。文大統領は同日、青瓦台で開いた首席・補佐官会議での冒頭発言を通じ、「韓国の主力産業である半導体、ディスプレーの重要素材を狙った日本の一方的措置が韓国経済に直撃弾になるという否定的見通しは当たらなかった」と評した。

文大統領はまた、「これまで1件の生産支障も生じず、素材・部品・設備産業の国産化を前倒しし、供給元を多角化するなど重要品目の安定的な供給体制を構築する成果を達成した」とし、「誰も揺るがすことができない強い経済に向かう道を切り開いた」と強調した。 昨年7月、日本が重要素材3品目に対し、輸出規制を取ってからちょうど1年。文大統領の素材・部品・設備の国産化に対するそうした評価は正しいものだろうか。

日本による輸出規制品目のうち、半導体生産の必須素材で使用量が多い液体フッ化水素では国産化の成果があった。今年初めから国内中堅企業のソウルブレーン、ラムテクノロジーが日本製と同様の超高純度製品を生産し、サムスン電子、SKハイニックスなどに納品を始めた。液体フッ化水素は半導体製造工程など20以上の用途に投入されている。

スポンサードリンク
韓国貿易協会の集計によれば、韓国企業の日本製フッ化水素への依存度は昨年1-5月の43.9%から今年1-5月の12.3%へと30ポイント以上低下した。これにより、液体フッ化水素を韓国の半導体メーカーに供給してきた日本のステラケミファによる今年の営業利益は24億円で、前年(35億円)に比べ30%以上減少すると予想されている。今年1月から韓国への輸出が再開された森田化学工業のフッ化水素は販売量が輸出規制前に比べ約30%急減した。日本の輸出規制が一部品目では自国企業の売り上げ急減というブーメランとして返ってきたことになる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/08/2020070880059.html?ent_rank_news

2019年1月に「フッ化水素を禁輸して韓国半導体産業にダメージを与える」議論をしたことが日本以上に韓国マスコミで報道された。韓国勢は以前から準備をしていたわけで、あっという間に増産が可能になったと豪語するのだが、韓国内で製造できなかったガス状のフッ化水素についてもSK Hynixと同じSKグループのSK Materialsが国産化に成功し、日本レベルの高純度ではないが、超微細化レベルでなければ利用は可能だが、今なお不良率は高いという。

一方、大阪のフッ化水素関連製品専業のステラケミファや森田化学は、新たに要求された複雑な輸出申請書類を整えるのにも大変な労力を要したため、すぐには申請ができず、書類不備を指摘されたため、輸出許可がなかなか得られなかった。その結果、財務省貿易統計によると、日本からのフッ化水素の韓国向け輸出は規制強化の前後9ヵ月間を比較すると輸出金額は88%も低下し、両社の業績は目に見えて悪化した。韓国文を他国に切り替えるシステムが必要な時期となったのも事実。

また東京応化の韓国工場(サムスン物産との合弁)ではEUVレジストの生産を開始したと韓国メディアは伝えており、Samsung関係者によると、同社の要請でJSRも韓国内でEUVレジストを製造する見込みだという。日本から大量に輸入しているArF/KrFレジストに関しても、韓国資本の東進セミケムが工場増増設を決め、SK Materialsも新規参入を発表している。

さらに管理厳格化対象は、広くスマートフォン用ディスプレイに使われているフッ化ポリイミドではなく、折りたたみスマホ用の「フッ素の含有量が全重量の10%以上のフッ化ポリイミド」である。Samsungは、折りたたみスマホの試作段階で、住友化学製のフッ化ポリイミドを使用していたが、韓国のColon IndustryやSKグループのSKCも製造準備中で、日本企業も、台湾製素材を韓国の子会社で最終製品に仕上げているので納品に支障はないとした。

関連記事

[ 2020年07月09日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp