韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  コロナ禍の日本経済、回復には4年かかる?

コロナ禍の日本経済、回復には4年かかる?

2020年7月9日、光明日報は、新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けた日本経済について、回復が難しい状況であると報じた。記事は、新型コロナの影響により今年上半期の日本経済は大きな打撃を受けたと紹介。日本政府が一連の経済刺激策を打ち出したものの、長期的に見るとさまざまな要因によって、経済回復の道のりは非常に厳しいと伝えた。

そして、日本の経済研究センターが1日に発表した中期経済予測で、今年の日本のGDP成長率がマイナス6.8%にまで落ち込むほか、GDPがコロナ前の2018年度の水準に戻るのは24年度になるとの見込みが示されたことを紹介した。また、深刻な高齢化と人口減少などにより、日本の経済成長は弱まり続け、32年にはマイナス成長に転じるとの予測も出ているとした。 さらに、日本経済の現状として、日本経済において半分以上の比重を占める個人消費が4月時点で7カ月連続で対前年同期比マイナスとなり、4月の破産企業は同15%増え、5月には失業率が3カ月連続の上昇を記録したと紹介。日本銀行が1日に発表した今年第2四半期の短観では、製造業の大型企業の景況感が09年第2四半期以来の最低水準にまで落ち込んだことを伝えている。

このほか、新型コロナの影響は日本の輸出の屋台骨を支える自動車や自動車部品産業に甚大な影響を与え、日本の輸出額は3月以降大きく減少し続けていると指摘。自動車業界の生産停滞は製鋼業や工作機械などさまざまな他業界にも影響を与えているとした。

スポンサードリンク
記事は一方で、日本政府の経済刺激政策により、日本経済に改善の兆しも見えていると紹介。経済産業省が先月30日に示した製造業の生産見通しで、7月の生産額が対前月比9.2%と予測されたこと、日銀短観では大企業の第3四半期の景況感が第2四半期に比べてやや改善したこと、5月の破産企業数が4月に比べて大幅に減少したことなどを挙げ、日本銀行の関係者からは「日本経済はすでに底を打ち、回復が始まった」との声も出ていると伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/b819682-s0-c20-d0135.html

2014-02-22-wa-1.jpg

新型コロナウイルスで大打撃を受けた株式市場だが、株価は見事にV字回復した。こうした現状を見て、コロナ禍が落ち着けば「日本経済もV字回復する」とする見方もあるようだ。しかし、日本経済は「V字回復」はしない。今、株式も金(Gold)も世界的に好調だ。調整局面で下げることはあるが基本は上り基調である。上がっている前提に経済の回復がある。この上げ方を見る限り、緩やかな回復ではなく急激なV字回復を前提としている。

V字回復とは、急激なダウンの後、急激に回復し100%の水準まで戻ることをいう。今回に当てはめると、4~6月期のダウンを、7~9月期で(2020年1~3月期、もしくは、昨年9~12月期の水準までに)一気に回復することだ。売り上げで昨年の水準に到達するのは無理となる。世界経済は2021年末までは2019年の水準には戻らないとIMFは予想する。2021年末には戻るとしても、その理由は中国を含めるからであって、日欧はペースが遅く2022年になっても戻らないというのが専門家の統一意見でもある。

今年中にワクチンが広く利用できるようになる可能性はほとんどない。第2波が襲来して再びロックダウン措置を採ると、世界経済は今年-7.6%になり2021年に2.8%回復すると予測、ている。ピーク時には、OECD全体の失業率は感染発生前の2倍以上になり、来年も雇用情勢はあまり回復しないとしている。始めは急速に回復するがパンデミック以前の水準に生産額が回復するまでには長い時間がかかる。

関連記事

[ 2020年07月10日 09:39 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
世界経済の状況による、日本経済だけで論ずることは無理がある。
[ 2020/07/10 10:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp