韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  先端技術で中国と関係を断つべき…米国の要求に対応策は一つ=韓国

先端技術で中国と関係を断つべき…米国の要求に対応策は一つ=韓国

14。米国が中国への輸出を規制する分野だ。羅列するとこうだ。バイオ、人工知能およびマシンラーニング、位置航法技術、マイクロプロセッサー技術、先端コンピューティング、データ分析、量子情報および量子センシング、物流技術、3Dプリンティング、ロボット工学、脳・コンピューターインターフェース、極超音速学、先端新素材、先端監視技術。

新しい産業として注目される技術はすべて含まれた。米国も隠さない。規制の根拠である米国輸出管理改革法(ECRA)では14の規制分野を「新興技術と基礎基盤技術」と規定した。この法は2018年に通過した。韓国の対外政策研究院(KIEP)が最近公開した報告書「先端技術をめぐる米中間覇権競争分析」によると、米国は14の分野では中国への輸出を徹底的に管理する。言葉は管理だが、事実上の禁止だ。

法を見るとそうだ。米国の安全保障および国益を害する中国企業を輸出統制企業リスト(Entity List)に挙げる。これら企業に製品を輸出するには米当局の承認を受けなければいけない。許可なく中国に輸出すれば、その企業はすぐに米商務省の禁止顧客リストに入る。この場合、米国企業との取引または米国技術の使用がふさがる。リストに入った中国企業のほか、中国人との共同研究も禁止した。人による技術移転も対中輸出と見なすということだ。

スポンサードリンク
「我々と取引するのなら先端技術では中国と縁を切れ」。米国は全世界にこう主張したのだ。理由がある。KIEPの報告書を見てみよう。米国は最近、先端技術は「民軍兼用」という点を憂慮する。過去には核技術など一部の軍用技術だけが安全保障問題と連結したが、最近はあらゆる分野の先端技術が安全保障に直結するということだ。5G、AI、ビッグデータ、ロボット、航空宇宙などが代表的な例だ。ところがこの分野で中国が頭角を現している。発展のペースが速い。KIEPは国別の技術革新生産性を推定した。研究開発(R&D)人材とR&D投資金額の対する国際特許実績で計算した。これによると、中国はすでに2014年下半期に米国を上回っている。同じレベルの支出でも新技術を多く確保しているということだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/267979?servcode=300§code=330

中国が力を入れる「ABCD技術」とは人工知能(AI)、ブロックチェーン(Blockchain)、クラウド(Cloud)、デジタル(Digital)人民元のことで、5Gは新通信規格だ。いずれも次世代の中核技術であり、これら分野における米中技術覇権の争いは、ますます熾烈(しれつ)さを増している。 AIにおいて、中国は既に米国と肩を並べる世界のトップランナーだ。顔認証技術では、世界上位5社に中国企業が3社を占める。 Cのクラウド技術で、アリババはアマゾン、グーグルとともに、世界の最先端を走る。 5G技術については、ファーウェイ(華為技術)が欧米企業を圧倒し、独走している。

ブロックチェーンは、分散型台帳のこと。ネット上の複数のコンピューターで取引記録を共有し、互いに監視し合うデータ管理技術だ。過去データの書き換えは事実上、不可能で、改ざんリスクが低い。 「インターネット以来の発明」とされ、既にデジタル金融や物流など基盤インフラへの応用が進んでいる。 先行すれば、新サービスや国際金融市場で優位に立つ可能性が高い。習近平政権は技術の囲い込みを強め、まさにこの分野の覇権を狙っている。

さらにデジタル人民元を発行すれば、国内のさまざまなカネの流れを管理し、マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぎ、脱税などの抑止につなげる一方、国際的には米ドルの通貨覇権に挑戦する思惑もある。 現在、世界で最も多く使われる通貨は米ドルで、国際決済に占める割合は4割強。人民元はわずか2%に過ぎない。既存の仕組みでは、ドルでの取引には必ず米国の銀行を経由する必要がある。しかし、デジタル人民元を使えば、米国の銀行を通さずに素早く取引を行うことができる。

将来的には、新興国などでも広く使われ、ドル覇権を脅かす可能性が出てくる。

関連記事

[ 2020年07月12日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp