韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  池上彰氏が解説 コロナ禍での中国の圧力をどう見るべきか

池上彰氏が解説 コロナ禍での中国の圧力をどう見るべきか

新型コロナウイルスは、公衆衛生上の問題から、いまや国際政治のパワーバランスにも影響を及ぼすようになっている。特に大きな動きが起きているのが、ウイルスを拡散させてしまった中国だ。各国が感染対策に追われている中で、中国は周辺国への圧力を強めている。

多くの国々でコロナウイルス禍は収束していませんが、こうした危機のときに、その国の本質が現れることがあります。近著『池上彰のまんがでわかる現代史 東アジア』では各国の動きについて指摘していますが、ここでは中国について見てみましょう。 2019年暮れに中国・武漢で発見された新型コロナウイルス感染症は、これに気づいて注意を喚起した医師が警察によって口封じされるなど初動が遅れ、世界に拡大しました。 中国国内で徹底した都市封鎖を行って収束させると、一転して世界に対して「マスク外交」を繰り広げます。欧州やアフリカに対してマスクや医療用防護服を送り、「中国は感染防止に貢献している」というイメージづくりを進めています。

ところが、ヨーロッパに送られたマスクや防護服に不良品が多く見つかり、中国への不信感が広がって中国に苦言を呈する政治家が出ると、各国に駐在している中国大使たちは、猛烈な勢いで、これを攻撃しています。 イタリアでは、「中国に感謝しよう」というメッセージがSNSで拡散し、中国に好意を持つ人が増えたという世論調査の結果が出たのですが、その後、このSNSは中国が仕掛けた世論操作であることが判明しました。

スポンサードリンク
世界を驚かせたのは、オーストラリアに対する嫌がらせです。オーストラリア政府の閣僚が2020年4月、新型コロナウイルスがどのように感染を広げたか、独立した調査機関による調査が必要だと発言したところ、中国が反発。5月になって中国はオーストラリア産の牛肉の一部を輸入停止にしました。理由は「検査の条件に違反が見つかった」という曖昧なものでしたが、これによりオーストラリア産の牛肉の約4割が中国に輸出できなくなりました。オーストラリアにとって、中国は牛肉輸出の最大の相手国。オーストラリア国内に動揺が広がりました。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200713/for2007130004-n1.html

2013-12-08-ca.jpg

一方で、中国と世界保健機関(WHO)は、中国出身の感染症専門家の女性が、米メディアの取材に応じ、中国で昨年12月、新型コロナウイルスの「人から人」への感染が起きていたものの、中国当局によって隠蔽されていたと証言したと報じている。だが新型コロナウイルスによる原因不明の肺炎が報じられたのは昨年12月だが、WHOは1月中旬時点で、「人から人」への感染は確認されていないと説明していた。

中国とWHOの動きに中国が先に手を回した形だ。様々な問題を抱える中での中国と言う大国の信頼度は低下し、実に厄介な外交を迫られているのは事実。米国は、中国が世界機関への関与を強く指摘するが、欧州各国は『内側から改革したい』としている。WHOを信用しない姿勢は、多くの国で共通している。そもそも分担費比率で政治力が強くなるようでは困る。挙句に国連が膨大になり、WHOの資金不足問題が今回の対応につながっている側面もある。国連そのものが公平となる様に構築するべきだろう。過去の戦勝国で構成した組織など、その時点で公平性に欠けていると思うが…。

関連記事

[ 2020年07月13日 11:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp