韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  "韓国経済の大黒柱"サムスン崩壊がまもなく現実になるワケ

"韓国経済の大黒柱"サムスン崩壊がまもなく現実になるワケ

現在の韓国経済を俯瞰すると、自動車、航空、国内の小売り、観光など、多くの業種で業績が悪化している。韓国の景気停滞感は強い。そうした状況下、サムスン電子の半導体事業が韓国の経済を支えている状況が鮮明化している。しかし、サムスン電子の先行きがどうなるかは見通しづらい。1つには、米中対立が先鋭化し、米国が韓国に中国向けの半導体供給を見直すよう圧力をかけていることがある。7月8日に米国のスティーブン・ビーガン国務副長官が訪韓した背景には韓国の対中政策を見直すよう圧力をかける目的などがあるのだろう。

それに加えて、中長期的な将来像を考えると、サムスン電子は重要顧客であるファーウェイなどの中国企業といずれライバル関係になる可能性が高い。圧倒的な国からの支援を背景にする中国の先端企業との競争は口で言うほど容易ではない。 サムスン電子が自力で、中国企業との半導体分野での競争に対応できるかは不透明だ。それは、サムスン電子の業績拡大に依存してきた、韓国経済の不安定性が高まる可能性があることを示唆する。

現在の韓国経済の状況を一言で表現するならば、サムスン電子の半導体事業によって、経済全体が支えられているというべきだ。それは、サムスン電子と他の企業の業績動向を確認するとよくわかる。 今年4~6月期、サムスン電子の営業利益は23%増加した(速報ベース)。増益を支えたのが半導体事業だ。巣ごもり需要やテレワークの増加が、同社の半導体メモリの需要を押し上げた。

スポンサードリンク
また、地域別に見た収益状況の詳細は公表されていないものの、中国からの需要がサムスン電子の半導体事業の業績拡大を支えた可能性は高い。米中対立が先鋭化する中で中国は半導体の在庫確保を急いでいる。他方、半導体以外のサムスン電子の事業は苦戦したようだ。スマートフォン事業は世界各国での都市封鎖や移動制限の影響から出荷台数が減少したとみられる。サムスン電子以外の韓国企業の業況を確認すると、かなり厳しい。韓国の輸出動向を見ると、半導体以外の品目は総崩れというべき状況だ。新型コロナショックの影響によって世界全体で貿易取引が減少した影響は非常に大きい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8ae4c0b866a7e51d9d766bdc8e28b72ddbc42fe

2020-07-15-k001.jpg

半導体の市況改善とウォン安により、サムスン電子の2020年1~3月期の営業利益は6兆4000億ウォン(約5700億円)を記録した。LG電子の営業利益は前年同期比で21.1%増となる1兆0904億ウォン(約980億円)と大きなサプライズ業績となった。これにより、1~3月は新型コロナウイルスが業績に与える影響が小さかった。しかし、3月からは欧米など主要輸出先市場で生産と販売が崖っぷちに追い込まれた状況となっており、2020年4~6月期はサムスン電子、LG電子ともに業績の悪化は避けられない。

4月7日にサムスン電子が発表した2020年1~3月期業績は、売上高が55兆ウォン(約4兆9300億円)、営業利益は6兆4000億ウォン(約5800億円)となった。前年同期比で売上高、営業利益がそれぞれ4.9%、2.7%増えた。しかし、2019年10~12月期と比べると、売上高は8.1%、営業利益も10.6%減少した。営業利益率は11.6%となり、2016年7~9月期以来、最低となった。2020年1~3月期は、新型コロナウイルス拡散による需要不振が中国1国に限定されていたため、スマートフォンとテレビ、家電などの販売に大きな影響を与えなかったことも、市場の期待値を上回った。

電子業界関係者は「新型コロナウイルスで健康や衛生面への関心が高まり、乾燥機や食器洗浄機などの衛生関連家電の販売が増え、また高付加価値テレビの販売も好調だった」と言う。問題は4~6月期だ。新型コロナウイルスが直接的な影響を与えるのは確実で、両社ともに売上高と営業利益の相当部分が減少するとしている。一方で、サムスン電子にとっては半導体市場の改善が続いており、4~6月期には同社の半導体事業がIT・モバイル事業と消費者家電の業績悪化を上回るとの分析もある。だが新たにシステム半導体への参入や、スマホが中国企業に奪われていることを考慮すれば、スマホ販売台数はあてにならない。

過去を見てもスマホで大きくなったサムスンだが初期のギャラクシーのみ大きな利益を出せなかったわけで、それもかなり後でわかったことだ。どういう計上を実施しているのかは不明だが、低価格スマホへ移行後。ほぼ販管費扱いの低価格スマホを販売台数と売り上げに計上していることにあるが、これは大赤字である。インドネシアでは同価格帯で中国スマホの性能が高いためにシェアを拡大している。

関連記事

[ 2020年07月15日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp