韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏、文氏の相手をするのが嫌で韓国人はひどい人々だと言った

トランプ氏、文氏の相手をするのが嫌で韓国人はひどい人々だと言った

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の相手をするのは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々だ」。 米国のドナルド・トランプ大統領が今年2月にこのような話をしたという主張が出てきた。「韓国の婿」というニックネームを持つ米国メリーランド州知事のラリー・ホーガン氏がワシントン・ポスト(WP)に16日(現地時間)に寄稿した文章『一人で戦うこと(fighting alone)』でだ。この中には、トランプ氏の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)への対応失敗、ホーガン氏が新型コロナ診断キットを韓国から空輸した過程などの内容も含まれている。

トランプ氏の韓国非難発言が登場したのは2月7日。共和党州知事協会がワシントンDCで主催したトランプ氏との夕食会でのことだ。トランプ氏は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の相手(dealing with)をすることは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々(terrible people)だ」としながら「なぜ米国がこれまで彼ら(韓国)を保護してきたのか分からない。彼らはわれわれに金を出そうとしない」と不平をこぼしたとホーガン氏は伝えた。当時は、韓米防衛費分担金協定締結の日程がずれ込み、米国が在韓米軍韓国人勤労者の無給休職カードを持ち出して韓国を圧迫していた状況だ。

夕食会にはホーガン氏の韓国人妻であるユミ・ホーガン氏も同席した。ホーガン氏は「トランプ氏が母国(韓国)のことを侮辱する間、妻はそこに座っていた。私は妻が傷つき、とても気を悪くしていたことを察知した」とし「妻はその場を離れたいと思っていたことを私は知っている。だが、妻は礼儀正しく静かに座っていた」とした。

スポンサードリンク
トランプ氏はこの夕食会の席で韓国を非難したのとは対照的に、習近平中国国家主席をどれほど好きか、安倍晋三首相とゴルフをすることがどれくらい良いか、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とどれほど関係が良いかなどについて話をしたという。 一方、ホーガン氏は当初11月の米大統領選挙を控えて共和党予備選挙に参加することが有力視されていたが、昨年6月、WPとのインタビューで不出馬を宣言した。
https://japanese.joins.com/JArticle/268186?sectcode=A20&servcode=A00

2020-07-19-k002.jpg

文在寅氏が北朝鮮の非核化よりも南北朝鮮統一を視野に入れた民族の融和を優先しようとする「コリア第一主義」に対する問題と、文在寅政権を含む歴代韓国政府がどうも面従腹背的な対米姿勢をとってきたことへの不信感がある。さらに朝鮮戦争以降、韓国を共産主義の侵略から守るという名目で米国が兵力とカネをつぎ込んできた米韓軍事同盟の「片務性」に対する不満もある。

さらに言えば、トランプ氏の頭の中には米韓相互防衛条約も日米安保条約も『片務的』であり、米国ばかりが持ち出しの『不平等条約』だという考えがこびりついて離れないという事だろう。トランプ大統領にとっては同盟関係はソロバン勘定でしか考えられないという事だ。特に韓国はわがまま放題となる。もっとも日本から見れば、米国の我儘のほうが大きいのだが、韓国経済を考慮すれば、レベルの低い文大統領では、中国と米国と言う大国間を取り持つことは無理。まして日韓貿易が基本であるから、経済の流れは変えられない。

トランプ氏の在韓米軍分担費においても、カネの無い韓国政府であり、外交ができない政府であるから、なお対応が悪いのだろう。米国にとっての日本でさえも、決して安心していられる状態とは言い難い。だが日本政府にとっては軍備体制の見直しが可能となり、トランプ氏の活用にも慣れてきたともいえる。北朝鮮を自身の政治宣伝に利用したトランプ氏も、韓国潰しには逆に金がかかることを知っているだけに、当分傘下となる韓国利用方法となる持論は消えそうにない。

関連記事

[ 2020年07月19日 08:49 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp