韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米「ファーウェイ規制」2カ月…台湾半導体だけ笑った

米「ファーウェイ規制」2カ月…台湾半導体だけ笑った

5月15日の米国政府の規制により中国ファーウェイの注文通りに半導体を生産することが禁止された。ファーウェイの売り上げの割合が大きい世界1位のファウンドリー(半導体受託生産)企業台湾TSMCが揺れるだろうという見通しが多かった。TSMCと競合するサムスン電子の反射利益に対する期待も大きかった。

2カ月が過ぎた現在の雰囲気は予測とは正反対だ。ファーウェイ制裁後に台湾の半導体企業の存在感だけ高まったという評価が出ている。サムスン電子の危機感は大きくなっている。中国政府がSMICなど自国企業を集中支援し、サンドイッチ状態になりかねないという懸念のためだ。19日の関連業界によると、台湾TSMCは4-6月期に売り上げ103億8500万ドル、営業利益43億8200万ドルを記録した。前年同期比で売り上げは34.1%、営業利益は78.6%急増した。米国の制裁によりTSMCの業績が急落するだろうという見通しを覆したのだ。

TSMCは米国企業らとさらに密接な関係を構築するのに注力した。TSMCの4-6月期利益が急増した背景だ。アップルが次世代iPhone用アプリケーションプロセッサ(AP)「A14」の生産をTSMCの5ナノプロセスに集めたのが代表事例だ。

スポンサードリンク
TSMCはファーウェイにはこれ以上未練を持たずにいる。TSMCは最近「ファーウェイとの取引関係を切った」と公式発表した。ブルームバーグは17日、TSMCに集中的にスポットを当て、「ファーウェイ制裁を乗り越えだれが『真の王者』なのかを見せた」と評価した。台湾に本社を置くファブレス(半導体設計専門業者)のメディアテックもファーウェイ制裁の反射利益をしっかりと得ている。市場調査会社ストラテジーアナリティクスによると、メディアテックのスマートフォン用APのシェアは1-3月期基準20%で、クアルコムの40%に次いで世界2位だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/268250?servcode=300§code=300

2020-07-20-k006.jpg

米アップルなどを顧客企業に持つ半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が16日発表した4-6月(第2四半期)の利益は市場予想を上回った。4-6月の純利益は1208億台湾ドル(約4380億円)。アナリスト予想の平均は1106億台湾ドルだ。純利益は2014年1-3月(第1四半期)以来最も大きくアナリスト予想を上回った。粗利益率は53%と、以前示していた50-52%の見通しを上回った。売上高は約3110億台湾ドル。

アジアの半導体受託生産会社TSMCや中芯国際集成電路製造などの売上高は下期にコンセンサス予想を上回る可能性がある。新型コロナ感染拡大が予想より長期化しているものの、社会的距離を巡る規制の中で、クラウドプロセッシングやテレビ会議向けの半導体需要が増加している事が背景にあるとしている。

関連記事

[ 2020年07月20日 11:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp