韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本に続きドイツも韓国のG7参加に反対

日本に続きドイツも韓国のG7参加に反対

先進7カ国首脳会議(G7サミット)に韓国・オーストラリア・インド・ロシアなど4-5カ国を参加させてG11またはG12に拡大しようというドナルド・トランプ米大統領の構想に対して、ドイツが公式に反対するとの見解を表明した。英国も反対の見解を示した。今年5月、トランプ大統領の提案に即座に歓迎メッセージを出して期待感を表した韓国政府の「G7拡大会議」参加計画に赤信号がともっているということだ。外交関係者の間からは「6月に従来のG7体制維持の必要性を明らかにした日本に対し、『恥知らずのレベルが全世界最上位圏』だとすぐさま非難した青瓦台の立場が苦しくなった」という声も聞かれる。

ドイツのハイコ・マース外相は26日(現地時間)、日刊紙ライニッシェ・ポストとのインタビューで、「G7とG20は合理的に調整された形式の会議体だ。G20は最も産業化された国々を網羅しているので、G11やG12は必要ない」と述べた。マース外相は「ロシアが(G8から)退出したのは、クリミア半島併合とウクライナ東部地域に対する介入のためだ。このような問題に対する解決策がない限り、(G7を拡大する)機会はない」と述べ、ドイツがG7拡大に反対する理由はロシアにあると説明した。ドイツがG7拡大に反対するのはロシアが理由だが、結局は韓国のG7入りも同時に困難になったという見方が出ている。G7拡大構想は加盟国すべての同意がなければ不可能だからだ。

スポンサードリンク
トランプ大統領は今年5月末、韓国など4-5カ国をG7に加入させて会議体を再編しようという構想を明らかにした。トランプ大統領が韓国、ロシア、オーストラリアなどをG7に引き入れるべきだと提案した理由は、中国をけん制する包囲網を厚くするためだ。しかし、G7を構成する欧州4カ国(ドイツ・英国・フランス・イタリア)のうち、ドイツと英国がロシアのG7参加に強く反対していることから、今後の成り行きが注目される。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/28/2020072880005.html

2020-07-26-k002.jpg

ドイツのマース外相は、独日刊ライニッシェポスト紙とのインタビューで、「G7と主要20カ国(G20)は合理的に組織された体制。われわれはG11やG12を必要としない」との考えを明らかにしている。特に過去G8に属していたが2014年のウクライナのクリミア半島併合後にG8から除外されたロシアの復帰に否定的な見方を示した。マース外相は、「ウクライナ東部だけでなくクリミア半島の紛争を解決するのに意味ある進展がない限りロシアがG7に復帰する余地はない」と話し反対の意思を明確にしている。

トランプ大統領がG7を利用して反中国連帯を強化しようとする意図しか見えてこないわけで、世界をよくするための組織体が、単にトランプの政治利用では困る。ましてウソつき韓国など利用する価値はない。当初はこの7カ国で世界のGDP(国内総生産)の60%以上を占めていたが、今は45%程度に低下した。人口も世界の1割程度にすぎない。サミットは英語で「山の頂上」のことです。世界の主要な先進国のトップが集まるので、「頂上会議」という意味でサミットと呼んだ。「G7」は「グループ・オブ・セブン」の略。第1回は1975年、フランスのランブイエにアメリカ、日本、ドイツ(当時は西ドイツ)、イギリス、フランス、イタリアの6カ国が集まりました。直前に起こった石油危機(オイルショック)を乗り切るために先進国が結束しようという趣旨だった。

翌年にはカナダが加わり7カ国になった。その後、1998年にロシアが加わり8カ国になり、2014年、ロシアはウクライナのクリミア半島に侵攻して占領、それを理由にロシアはサミットから外された。再び7カ国に戻ったわけだ。G7の力の衰えは少し前から言われています。リーマンショックの後には、G7だけでは問題は解決できないと、中国やインドといった新興国も加えた20カ国の集まりG20が開かれました。今は、この2本立てで世界の問題が語られている。

関連記事

[ 2020年07月28日 08:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp