韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  6月の韓国製造業労働者7万7000人減、過去最大の減少幅

6月の韓国製造業労働者7万7000人減、過去最大の減少幅

新型コロナウイルス禍による輸出減少などの影響で、韓国国内の製造業労働者が過去最大幅の急減となった。 雇用労働部が30日に発表した「6月事業体労働力調査結果」によると、先月30日現在で従業員1人以上の製造業の会社で働く全労働者数は365万2000人で、1年前より7万7000人(2.1%)減少したとのことだ。これは関連統計が集計された2009年6月以降で最大幅の急減だ。これまでの最大幅の減少は今年5月の6万9000人だった。製造業労働者数は今年3月に初めてマイナスを記録し、以降、4カ月連続で毎月最大幅の減少記録を塗り替えている。労働者数は経済成長などにより増えるのが普通だ。

製造業は悪化の一途をたどっている。米中貿易戦争による輸出不振や設備投資減少、週52時間勤務制などが影響を及ぼした。昨年下半期に労働者数の増加ペースが急激に下がっていたが、今年3月からは新型コロナウイルス問題でついに減少に転じたものだ。雇用労働部のクォン・ギソプ雇用政策室長は「自動車など輸出関連業種が多く、海外の感染傾向などが大きな影響を及ぼしたものと見られる。まだ底が見えない状態だ」と話す。 全業種の労働者数は1年前より21万4000人(1.2%)減少した。今年3月(-22万5000人)から始まり、4カ月連続で労働者数が減少した。だが6月は、4月と5月よりも減少幅がやや小さくなった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/31/2020073180005.html

スポンサードリンク
2020-07-31-k002.jpg

2019年末時点の韓国の生産年齢人口(満15~64歳)は3,735万6,074人で前年比19万967人減少した。 全人口に占める割合は過去最低の72.0%となる。 労働力人口は2017年に約2,775万人(男性約1,598万人、女性約1,177万人)で、経年で微増傾向にある。就業者数も2,673万人(男性約1,537万人、女性約1,136万人)と微増している。最終学歴別には、大学卒業以上の就業者が年々増え、小学校卒業・中学校卒業は減少傾向にある。

産業別でみると、最も就業者が多いのは製造業であり、2017年時点で約457万人が働いている。次いで多いのは卸売業、小売業で約380万人となり、これらで全体の3分の1程度を占めている。 職種別でみると技能工及び関連職業の従事者が最も多く909万人である。 一方、農林水産業従事者は120万人と少なく減少傾向にある。雇用状況別では、賃金労働者が最も多く1,993万人を占める。

韓国統計局の発表によると、4月の雇用者数は2660万人となり、前年同月比47万6000人減少した。65万8000人減となった1999年2月以来の大幅な減少だった。新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた外出規制措置が響いた。業種別では、小売業や飲食業の従事者が最も大きな影響を受けた。同セクターの新規求人数は33万4000人減。新型コロナウイルス感染症事態により“雇用大乱”状況が起こっている中、今年1月から4月までの失業者が200万人を越えている。

関連記事

[ 2020年07月31日 08:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp