韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  「1万円台の5Gスマホ」まもなく登場、新型コロナで業績急降下のスマホメーカーがちんこ勝負へ

「1万円台の5Gスマホ」まもなく登場、新型コロナで業績急降下のスマホメーカーがちんこ勝負へ

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホ出荷台数が2020年下半期に大きく減少するおそれがあるそうです。
これは新型コロナウイルスの感染爆発で、海外市場へのスマホ輸出が落ち込むことが原因。感染者が世界規模で増え続ける中、需要が回復する気配は当面ありません。

また、中国のスマホメーカートップ4(Huawei、Oppo、Vivo、Xiaomi)は2020年第2四半期に国内販売台数の82.3%を占めましたが、これは海外市場の混乱で輸出がままならず、国内市場に集中することを余儀なくされたため。 しかしHuaweiの出荷台数が前年比2.1%増加した一方、Oppo、Vivo、Xiaomiはすべて前年比で出荷が減少。Xiaomiに至っては海外出荷の大幅な後退で27.1%減となるなど明暗が分かれています。 なお、メーカー各社は売り上げを伸ばすため、2020年下半期に1000人民元(約1万5000円)の5Gスマホを出荷する予定。低価格市場で各社が仁義なき争いを繰り広げることになります。 ちなみに格安5Gスマホ向けプロセッサとして期待されているのが、先日発表されたMediaTekの「Dimensity 720」。

ハイエンドスマホ向けプロセッサと同じ7nmプロセスで製造され、2G~5Gまでの各種通信方式や世界各国のバンドをサポート。処理能力も低くなく、AIやUFS 2.2の高速ストレージに対応するなど、基本性能は十分です。HDR10+および90Hzの表示性能や6400万画素カメラ、デュアルマイクを使ったノイズ抑制などにも対応しています。競合となるのはクアルコムの「Snapdragon 690」。格安5Gスマホをめぐってメーカー各社、そしてクアルコムとMediaTekの戦いが繰り広げられそうです。
https://news.livedoor.com/article/detail/18657252/

スポンサードリンク
2020-07-31-k005.jpg

インドのスマートフォン市場におけるAppleの存在感はそれほど大きくはないものの、2019年に高価格帯では大きくシェアを伸ばしたことが、調査会社IDCの調べで明らかになった。2019年通年でのインドにおけるスマートフォン出荷台数は1億5,250万台で、前年と比べ8%増となりました。またインドは2019年、中国に次ぐ世界で2番目に大きなスマホ市場へと成長している。

所得の低い人々が多いインドでは、最も売れているのは200ドル以下の価格帯のスマホで、市場全体の79%を占めています。2019年通年でのインドにおけるスマホの平均販売価格は163ドル。ただし中価格帯(200ドル〜500ドル)の出荷台数が、2018年と比べ55.2%増と価格帯別ではもっとも大きな成長率を記録しました。同価格帯が全体に占める割合は19.3%。500ドル以上のプレミアム価格帯では、AppleがSamsungを抜いて首位となり、47.4%のシェアを獲得した。

2019年第4四半期(10月〜12月)のインドにおけるスマホの出荷台数は3,690万台で、前年同期比では5.5%増となった。同四半期における平均販売価格は172ドルで、前年同期と比べて71.9%増ともっとも出荷台数を伸ばしたのは、200ドル〜300ドルの価格帯のスマホとなった。500ドル以上のプレミアム価格帯では、Appleが75.6%と過去最大のシェアを得ている。

またインドネシアでは、中国スマホで150ドル以下のスマホが主流となる。富裕層ではiPhone利用が増加はしてはいるが、限定的となる。サムスンスマホは性能的に中国スマホに追いつけずに、殆ど宣伝販売で配るという事態を数年実施しているが、台数的には世界一位のサムスンだが、中低価格帯は赤字でしかない。

関連記事

[ 2020年07月31日 09:11 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp