韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、週末の大雨で少なくとも15人死亡・行方不明…気象庁予想できず「後手の中継庁」批判殺到

韓国、週末の大雨で少なくとも15人死亡・行方不明…気象庁予想できず「後手の中継庁」批判殺到

梅雨開け間近の梅雨前線に台風4号「ハグピート(HAGUPIT)」によってもたらされた水蒸気まで加わり、韓国では1~2日、首都圏をはじめ中部地方に水爆弾が降り注いだ。ところによっては1時間あたり100ミリを超える大雨が降って浸水や土砂崩れなどの被害が相次いだほか、2日午後8時現在15人(死亡7人、行方不明8人)以上が亡くなったり行方が分からなくなったりするなど人命被害も続出した。だが、韓国気象庁は梅雨前線を発達させた台風発生による水爆弾の予測を適時にできず、手遅れになってから騒ぐ「中継庁」だという批判が出ている。今回の中部地方の集中豪雨は5日まで続く見通しなので、被害の拡大が懸念されている。

気象庁は2日午後、ソウルや仁川(インチョン)、京畿(キョンギ)のほとんどの地域に大雨警報を発令し、忠北(チュンブク)と忠南(チュンナム)、江原(カンウォン)と慶北(キョンブク)の一部地域にも大雨特別警報を下したと明らかにした。気象庁関係者は「2~3日、中部地方には100~200ミリ、ソウル・京畿道と江原嶺西(ヨンソ)、忠清(チュンチョン)北部は最大300ミリの雨が降るほか、5日まで雨が続きながら累積降水量が最大500ミリを超える地域も出てくる可能性がある」と明らかにした。

当初の予測どおりならソウル・京畿と江原嶺西地域だけに雨を降らせるはずだった梅雨前線が、予想よりもやや南下しながら京畿南部や忠北などに多くの雨をもたらした。ここに台風による水蒸気が加わり、終わりかけていた梅雨前線の水爆弾をより大きなものにした。 1日午後9時、日本沖縄の南590キロメートル付近の海上で発生した台風4号「ハグピート」がそれだ。「ハグピート」はフィリピンから提出された名前で「むち打ち」という意味だ。

スポンサードリンク
今年の夏、韓国に影響を与える初めての台風である4号は、2日午後3時現在、中心付近の最大風速・秒速19メートル、中心気圧・998ヘクトパスカル、強風域・240キロメートルの勢力で台湾台北南東沖を時速17キロメートルの速度で北西に向かって進んでいる。台風は中国上海付近まで張り出した北太平洋高気圧の端に沿って移動しながら、4日未明に中国南東海岸に上陸した後、地面との摩擦によって勢力が弱まり、熱帯低気圧になるものと予想されている。
https://japanese.joins.com/JArticle/268741?servcode=400§code=400

2020-08-03-k001.jpg

2018年8月には、韓国気象庁の“無責任な発言”が物議を醸している。当時韓国では夕方以降に集中豪雨があり、河川の氾濫や道路の浸水など各地で被害が相次ぎ死者も出た。当初、気象庁から豪雨注意報が発令されておらず、午後7時40分になってようやくソウルに警報が発令された。このため、予報すべき気象庁に批判が集まった。気象庁予報局長のユ・ヒドン局長は、記者らに送ったメールで「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象」と伝えており、「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかった」と述べたというから開いた口が塞がらない。

韓国の台風予想の発表が米軍合同台風警報センターや日本の気象庁に比べて遅いという問題が常に付きまとう。台風の進路変更に関しても周辺国より発表が遅い。韓国民は「韓国気象庁の発表を信じる国民はいない」と言われ続けてきたが、一向に改善されていない。

関連記事

[ 2020年08月03日 08:28 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp