韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、輸出低迷で大ピンチ…世界が「韓国への需要」を減らし始めた…!

韓国、輸出低迷で大ピンチ…世界が「韓国への需要」を減らし始めた…!

足元で、コロナウイルスの感染再拡大によるリスク上昇で、韓国の製造業部門の雇用の悪化が深刻だ。韓国の雇用労働部の発表では、6月、製造業の雇用は7.7万人減少した。2月以降、韓国の製造業の雇用は失われ続けている。 製造業部門は、輸出依存度の高い韓国にとって重要な分野であり、その分野での雇用状況の悪化は、韓国の社会と経済に大きな影響を与える可能性が高い。

製造業部門で雇用が失われている背景の一つに、外需の低迷がある。 世界的なコロナウイルスの感染の再拡大によって世界経済の回復の足取りが怪しくなっており、それが韓国の雇用を直撃している。これまで、世界の経済は4月第2週あたりに底を打ち、緩やかに持ち直しの傾向を示してきた。 ところが、コロナウイルスの感染が再び増加傾向を辿っていることもあり、世界的な回復傾向のペースは鈍化している。 今まで世界経済を支えてきた米・中では個人消費が伸びていないこともあり、V字型の景気回復を期待することが難しくなっている。

米国の4~6月期の国内総生産(GDP)成長率は、マイナス32.9%に陥りV字回復は期待できなくなった。 さらに、7月半ばごろから、米国をはじめ世界経済の持ち直しペースは明らかに鈍化している。 米国の経済政策への不安や感染の拡大などの影響は軽視できない。 外需依存度の高い韓国の雇用喪失は、世界経済の先行きがかなり険しいものになることを示唆している。

スポンサードリンク
韓国経済の現状を端的に表現すると、どうしても海外経済の動きに影響を受けやすい。 輸出依存度が高いため(韓国の輸出はGDPの約40%)、米国や中国をはじめ世界経済の需要が落ち込むと、韓国の経済は急速に縮小してしまう。 特に、今回のコロナショックの影響は大きい。各国で人の移動が制限され、ヒト・モノ・カネの流れが停滞している。 韓国経済にとって、米国の個人消費の落ち込みの影響はかなり大きい。コロナショックの発生によって、米国の需要は大きく低迷してしまった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3535446bb38b3147845ab5a1b3a7a171dabe606

2014-02-22-wa-1.jpg

韓国政府が1日発表した7月の貿易統計(速報値)によると、輸出額は前年同月比7%減の428億ドル(約4兆5300億円)だった。新型コロナウイルスの影響は続いているが、地域別では中国、米国向けの輸出がプラスとなり、6月の11%減から減少幅は縮小した。品目別にみると、半導体はデータセンター向けなどの需要増で6%増えた。無線通信機器(5%増)、家電(6%増)もプラスに転じ、コンピューターも77%増と好調を持続した。新型コロナで自宅で過ごす時間が増えたことで需要が拡大した一方、一般機械は16%減、石油化学は21%減、自動車は4%減、鉄鋼製品は19%減となった。

世界的な需要の低迷が韓国企業の設備投資や雇用に悪影響を与えている。同国の経済成長は世界的な金融危機以来の低成長となった。米中の貿易戦争は終結の兆しが全く見えず、輸出管理強化を巡る日本との対立も強まり、アジアの主要なサプライチェーンの景況感を損ねている。韓国の製造業は急速な需要の蒸発に直面し、雇用を減らして生き残りを目指さざるを得なくなった。今後、韓国の雇用環境はさらに悪化し、人々が将来に希望をもって生活することが難しくなる。世界経済の低迷が続き、韓国経済がかなりさらに厳しい状況を迎える。

そして内需は、海外生産へと移行する企業増加で、企業は生き残りを図るために、韓国内需の縮小が加速する。

関連記事

[ 2020年08月04日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp