韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  新型コロナワクチン開発競争、誰が真の救世主か

新型コロナワクチン開発競争、誰が真の救世主か

2020年8月2日、米華字メディア・多維新聞は、新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐる主要国間の競争が激しさを増していることを報じた。 記事は、米政府が9億5500万ドル(約10億円)を支援している米バイオ企業モデルナのワクチンについて、7月27日に第3相試験を開始し、早ければ11月に有効性が確認されると紹介。また、同じ日にはフィリピンのドゥテルテ大統領が「数日前、中国政府に対し、中国が開発するワクチンを最初に使えるよう提案した」と発言したことを伝えた。

そして、200以上の国・地域で合計1600万人以上が感染し、60万人以上が死亡しており、ワクチンの速やかな開発に対する期待が急速に高まる中、現在世界では米国、英国、ロシア、中国などで200種類以上のワクチンの研究開発が進められ、米英中のワクチンはすでに第3相試験に、ロシアのワクチンは第2相試験の段階に入っており、年内には複数のワクチンが開発に成功する可能性があるとした。 その上で、ワクチン開発国間の競争意識も顕著に高まっており、先月19日には英国家ネットワークセキュリティーセンターが「ロシアの情報機関が米国、英国、カナダなどにおける新型コロナワクチンに関する情報工作をする恐れがある」との警告を発表し、ロシア側がこの情報を否定する一幕があったほか、中国政府も先月に米政府関係者の報告の中で同様の指摘を受けたと伝えている。

記事は「安全かつ有効なワクチンは、世界の数十億人の命運を握っている。このワクチンを手に入れた者は間違いなく、新型コロナ後の新たな国際情勢の変化において優位に立つだろう。ワクチン開発競争に米、英、中の3カ国が同時に姿を見せたことで、この問題が一層政治化する可能性がある。これは、人の命に関わる競争であると同時に、各国の未来の国際的な指導力と発言権をめぐる争いなのである」と評した。
https://www.recordchina.co.jp/b825512-s0-c10-d0135.html

スポンサードリンク
2020-08-04-k002.jpg

新型コロナウイルスのワクチン開発競争が加速している。米バイオ企業のモデルナが、7月27日から3万人を対象とした最終段階の臨床試験を開始。日本政府もワクチン確保のため、モデルナと交渉を進めている。ワクチンには、ウイルスそのものを使った従来型ワクチンと、ウイルスの遺伝情報の一部だけを体内に入れる遺伝子ワクチンがある。モデルナのワクチンは、遺伝子ワクチンの一つである「核酸ワクチン」だ。遺伝情報からたんぱく質をつくるのに重要な役割を果たす「メッセンジャーRNA」を投与し、ウイルスと戦う抗体を生成させて免疫反応を起こす。初期の臨床試験で被験者45人全員の抗体獲得に成功している。

モデルナの核酸ワクチンは、液性免疫と細胞性免疫の両方を高めることがデータから示唆されている。液性免疫の主役の抗体が細胞に敵が侵入する前に打ち落とす“ミサイル”のような役割なら、細胞性免疫は細胞に侵入した敵を近距離銃撃で細胞ごとやっつけるのが任務。この二段構えで感染を防御するので非常に有効となる。スウェーデンのカロリンスカ研究所の報告によると、抗体ができていない人でも細胞性免疫が新型コロナの感染を防御する可能性があるとしている。モデルナのワクチンは、この細胞性免疫を活性化する作用があり期待されている。

モデルナはこの1年間で5億回分のワクチンを製造する。2021年から年10億回分規模に拡大する予定だが、課題も抱える。免疫が長期にわたって続くのかどうか、何もわかっていない。また、ワクチンによってまれに発生する重大な副作用は、10万分の1くらいの割合だ。 一方、新型コロナのワクチンは現在、従来型と遺伝子ワクチンを含め、世界で166種類が開発されている。うち24種類が臨床試験に入ったが、加速度を増しているのは遺伝子ワクチンだ。期待と失望は常に背中合わせとなる。ワクチン開発をめぐり一喜一憂が続く。

関連記事

[ 2020年08月04日 08:58 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp