韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済学科教授「韓日通貨スワップ必要ない、円は魅力的でない」

韓国経済学科教授「韓日通貨スワップ必要ない、円は魅力的でない」

韓国建国(コングク)大学経済学科のチェ・ベグン教授は3日、「韓日通貨スワップをする必要はない。日本円は国際市場でそれほど魅力的ではない」と明らかにした。チェ教授はこの日tbsラジオの番組に出演し、韓国政府の通貨スワップ締結戦略に対する質問に「日本がもっと残念な状況であり韓国が残念な状況では全くない」としてこのように話した。

2001年に締結された韓日通貨スワップは一時700億ドルまで拡大したが、韓日間の外交対立で2015年に終了した。チェ教授は韓日通貨スワップが急でない理由として、日本経済の沈滞と、ウォンに比べ円の切り上げ比率が低い点を挙げた。彼は「3月20日以降ドルが大きく価値を下げているがウォンはその間に6%上がり、これに対し円は4.5%にすぎない。日本円が国際市場でそれほど魅力的でないことを示す」と話した。

続けてチェ教授は日本経済の沈滞に言及し、「日本の4-6月期成長率はまだ発表されていないが前年比マイナス21%と予想している」と話した。彼は「景気が厳しいため(安倍政権が)旅行支援も強行している」と説明した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/311638cdc23a8da16ecabe71206ec42ec912190d

スポンサードリンク
2020-07-21-k001.jpg

韓国日報は「日韓通貨スワップは必要ない」と題した記事を掲載している。通貨スワップを急がない理由に「日本経済の停滞と円ウォン相場」を挙げ、「日本の信用等級は韓国より2段階も低い上に、経済停滞によりさらなる下方修正の可能性もある」「最近の為替相場の動きは、日本円が国際市場においてさほど魅力的ではないことを示している」「日本の経済停滞は深刻なレベルだ」と説明している。

何ともばかげた説明だが、国家破綻危機にいる韓国と言う理解度は、韓国の専門家でも認識が浅い様だ。日本政府からすれば、韓国とのスワップなど冗談ではないという立場であるとともに、上記で日本の信用等級は韓国より2段階も低いというのは、今の韓国状況を全く理解できていない無知状態と言えるだろう。日本経済が低迷したといっても、韓国との対比自体、あまり意味を持たない。負債大国で国家破綻が迫っている国が語ることでは無いだろう。

ましてウォンと言う通貨自体、世界通貨からすれば貧弱でしかない。今回為替スワップを韓国は通貨スワップとして活用したわけで、米国との為替スワップと言う手段を利用することを考慮しているだろうが、自国企業がいつまでも為替スワップレベルで対応できる事でもない。米国とて韓国と為替スワップを再発動できるかは限界がある。また通貨スワップは今の世界経済と縮小した韓国経済を考慮すれば、韓国通貨危機は一応回避した形である。もっとも米中懸念が多いに助けた形であるが。

今後韓国通貨危機が発生するのかは、既に韓国通貨危機時レベル或いはそれ以上の状態であるから、むしろ自国政府負債を考慮すれば国家破綻のほうが先だろうと考える。

関連記事

[ 2020年08月05日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp