韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKTと配達の民族「自律走行配送ロボット」で手を組んだ

SKTと配達の民族「自律走行配送ロボット」で手を組んだ

SKテレコムと「エレガントな兄弟たち(ウワハンヒョンジェドゥル)」が、自律走行配送ロボットの商用化のために手を組んだ。

両社は、「第5世代(5G)基盤のスマートロボットとモバイルエッジ・コンピューティング(MEC)を活用した事業協力」に関する業務協約(MOU)を交わしたと、4日明らかにした。

SKテレコムのMECクラウドプラットフォームと通信網運用のノウハウとエレガントな兄弟たちのスマートロボットデリバリーサービスを組み合わせて、新概念の無人流通システムを構築する計画だ。5G・MECとクラウド技術は、MSOと基地局にクラウドデータセンターを設置して、データ処理にかかる物理的時間と距離を画期的に減らすサービスだ。自律走行ロボットにこの技術を組み合わせれば、細かくて精度の高い走行と配送が可能となる。

まず、現在エレガントな兄弟たちが運営する屋外自律走行配送ロボット「ディリドライブ」に5G技術を組み合わせて、自律走行能力を高度化する計画だ。両社はすでに6月から、ソウル広津区(クァンジング)の建国(コングク)大学で、ディリドライブに5G・MECを適用するテストを行っている。

今後、屋内自律走行サービスロボット「ディリプレート」、屋内自律走行階間移動配送ロボット「ディリタワー」にも適用する方針だ。SKテレコムの関係者は、「車両が接近しにくい地域、配送員が訪問しにくい時間帯、非対面状況などにおいて、自律走行配送ロボットの活用価値は大きくなるだろう」と話した。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
2020-08-05-k005.jpg
パナソニックが米ラスベガスで開催した家電見本市「CES 2019」でアピールしている自動運転時代の「SPACe-C」に注目が集まっている。

自家用車向けの自動運転レベル3(条件付き運転自動化)や無人で走行可能な自動運転タクシー・バスの開発など、自動運転技術の社会実装に向けた取り組みが加速度を増している。人の移動に変革をもたらす技術の発展が著しく進んでいる。一方、配送ロボットのように人を運ぶ用途以外でも開発競争は過熱しており、既存の開発分野をはじめ、今後どのような分野に自動運転技術が応用可能か、アイデアが問われる局面を迎えつつある。

物流において、ラストワンマイルを担う宅配ロボットの需要も高い。道路上を走行する中~大型タイプから、歩道や敷地内を走行する小型タイプまでさまざまなモデルの開発が進められている。海外では米スターシップ・テクノロジーズなどが実用化域に達しており、新型コロナウイルス対策によるコンタクトレス配送で注目を浴びている。日本国内でも配送ロボットの公道実証に向けた環境整備が鋭意進められている。2020年中にも可能になる見込みで、ZMPを筆頭に国内開発企業の勢いも加速する。

またモノの長距離移動では、自動運転トラックの活用が見込まれる。現在、高速道路における有人・無人の隊列走行の実証実験が盛んに行われており、後続車有人隊列走行を2021年までに、後続車無人隊列走行を2022年以降実現する計画が進められている。

関連記事

[ 2020年08月05日 09:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp