韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ファーウェイの市場シェアがアップルを追い抜く

ファーウェイの市場シェアがアップルを追い抜く

モバイルインターネットのビッグデータを手がけるクエストモバイル社は5日、2020年上半期の中国スマート端末市場インサイト報告書を発表した。それによると、華為(ファーウェイ)、小米、OPPO、vivoの中国4強は引き続き米アップル社に対する包囲網を形成し、アップルのスマートフォン市場シェアは21.6%に低下した。前年同期は23.5%だった。ファーウェイはアップルを追い抜き、シェアは26.3%に達した。北京日報が伝えた。

クエストモバイルのデータによると、2020年6月末現在、中国のスマート端末市場の局面が基本的に定まった。システムでは、アンドロイドとiOSのシェアが8対2になった。中国ブランドは4大ブランドが安定した状況を示し、ファーウェイはアップルを抜いてシェア26.3%を達成した。OPPOは19%、vivoは16.6%、小米は9%となり、前年同期に比べてやや低下した。サムスンはやや上昇して3.4%となった。

ユーザーの年齢分布をみると、ファーウェイは25-40歳の割合が高く、アップルは41-45歳が優位性を保ち、vivoは25歳以下が突出し、小米は31-35歳が優位性を保ち、サムスンは46歳以上が急に目立つようになった。 地域分布をみると、これまでの構造が引き継がれ、アップルは一線都市と二線都市で強く、OPPOとvivoは三線都市、四線以下の都市で明らかな優位性を誇る。
https://www.recordchina.co.jp/b826413-s10-c20-d0046.html

スポンサードリンク
2020-08-07-k001.jpg

スマートフォンのみならず、2020年第1四半期(1月〜3月)の中国でのタブレットの出荷台数においても、新型コロナウイルスの影響を受け30%減となった。Appleを含める多くのベンダーが売上を落としたが、Huaweiのみは例外で、出荷台数を4.3%伸ばした。Huaweiの2020年第1四半期のタブレット端末の出荷台数は、150万台に達し、対前年同期比で4.3%増となり、主要タブレットブランドとしては唯一成長を記録した。中国国内のタブレット市場のシェアにおいては、Huaweiは40.2%を占め、Appleの35.1%を上回り、中国ナンバーワンのタブレットブランドとなった。

一方Appleは、2020年第1四半期のiPadの出荷台数が対前年同期比で42.5%減となり、大きな打撃を受け、同時期、Xiaomi、Microsoft、Lenovoも軒並み出荷台数の減少を記録し、それぞれ5.5%減、3.2%減、1.7%減となった。Huaweiが2020年1月〜3月期に出荷台数を伸ばせたのは、デバイス供給を確保し続けることができた事による。春節後の10日間、中国のEコマースサイトJD.comでのタブレットの売上は、オンライン教育とリモートワークの増加によりタブレット需要が高まったため、前年と比べて77%増となり、Huaweiのみが在庫を維持することができた。

関連記事

[ 2020年08月07日 08:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp