韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自、電気自動車ブランド「アイオニック」をローンチ

現代自、電気自動車ブランド「アイオニック」をローンチ

現代(ヒョンデ)自動車は、来年に本格的な勝負をかけるために準備している電気自動車のブランドを「アイオニック(IONIQ)」に統一することを決定した。これまでの電気自動車は、従来の内燃機関車を電気自動車に変更したモデルだったが、来年からは電気自動車専用のプラットフォームで生産されたモデルを本格的に発売する予定だ。

10日、現代自は来年から2024年までに順次発売予定の専用電気自動車のブランド名をアイオニック(IONIQ)に決定したと明らかにした。アイオニックは、電気的な力でエネルギーを作り出すイオン(Ion)と現代自の独創性を意味するユニーク(Unique)の組合せだ。現代自が、別の専用電気自動車のブランドを新たに設けるのは、最近急成長している電気自動車市場で統一したコンセプト・ブランドで主導権を確保したいという意志とみられる。 5月、市場調査機関「ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス」によると、世界の新規乗用車のうち、電気自動車の割合は、2040年は58%に達するほど急成長すると見られる。電気自動車市場を先取りしようとする競争がますます激しくなるだけに、電気自動車専用ブランドの導入が急がれた。グローバル自動車メーカーでは、メルセデス・ベンツが「EQ」、BMWが「i」を電気自動車のブランドとして運用している。

現代自が準備しているアイオニックモデルは、△準中型クロスオーバー車(CUV)、△中型セダン、△大型スポーツ多目的車(SUV)の3種類だ。最初の車は、コンセプトカー「45」をモデルに来年披露する準中型CUVだ。2022年には「プロフェシー(Prophecy)」コンセプトカー基盤の中型セダン、2024年には大型SUVモデルが計画されている。

スポンサードリンク
アイオニックブランドは、「アイオニック」に車両サイズなどを意味する数字を組み合わせた新しい車名体制も導入する。ドイツのプレミアムブランドが主に活用するこの車名システムは、文字と数字の組み合わせで、直感的で拡張が容易であるという利点がある。これにより、準中型CUVは「アイオニック5」、中型セダンは「アイオニック6」、大型SUVは「アイオニック7」と名付けることにした。ただ、既存のアイオニックの名で流通していた車種は、専用電気自動車のみに適用されるアイオニックブランドには含まれない。
https://www.donga.com/jp/

hyundai-2.jpg

ハイブリッド車では韓国車は苦戦している。ヒュンダイは過去3年間で、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、そしてEVを電動車ブランド「アイオニック」として相次いで発表。だが、「プリウス」や「リーフ」と比べ、販売量は少ない。アメリカでの韓国車は、一部のカテゴリーを除いて、日本車と同等の人気を誇る。エクステリアとインテリのデザインセンス、エンジン性能、ハンドリング、乗り心地など日本車をターゲットに韓国車のカイゼンは日々進んでいる。だが、韓国本国での景気後退を受けて、アメリカ市場での韓国メーカーの動きに陰りが見えている状況。

そんな中で、現代・起亜自は電動化に拍車をかけている。 来年初頭からは電気自動車専用プラットホームを適用した現代自NE、起亜自CV、ジェネシスJWが発売される。 2024年には電気自動車専用アーキテクチャを適用した量産車を披露する。約5年後には電気自動車だけで年間100万台を販売するというのが会社側の計画だ。 水素電気自動車は2025年の年間販売量11万台が目標だ。 水素燃料電池システムの販売にも参入し、2030年には年間約20万基を国内外に供給するとしている。現代・起亜自の関係者は“2025年ごろにはエコカーが自社全体販売の約25%を占めるだろう”と述べている。

とはいえ、リコール多発に品質低下の現代自である。生き残りをかけ必至な状況だ。

関連記事

[ 2020年08月11日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp