韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン・ヒュンダイ…日本を模倣した2大企業は日本に依存し、韓国経済を支える

サムスン・ヒュンダイ…日本を模倣した2大企業は日本に依存し、韓国経済を支える

韓国を代表する2大企業のひとつ、サムスングループの19年度の売上は韓国GDPの約19・4%を占め、もうひとつの現代自グループは同じく11・5%を占めた。両社なしには韓国は成り立たないというわけだが、そこには2社が日本を模倣し、日本に依存する現実がある。サムスンのギャラクシー携帯は、中身の70~80%以上が日本メーカー製といわれている。昨年の日本製品不買運動でも、不買を言う前にギャラクシーを処分すべき、という声が出たほどだった。改めて、韓国の模倣文化を浮き彫りにする。

これまで、韓国が模倣した日本製品や日本の商標を取り上げてきたが、最大の模倣企業はサムスンかもしれない。 2019年、サムスン電子は半導体メーカー別売上高ランキングで米インテルに1位の座を明け渡したが、サムスンの半導体事業の8割を占めるメモリは世界市場で4割のシェアを持ち、ギャラクシーはスマートフォン市場で1位のシェアを誇る。韓国を代表する企業の半導体と家電事業は、日本を模倣してはじまった。

サムスンの創業は1938年に李秉喆(イ・ビョンチョル)氏が設立した三星商会である。李秉喆氏は早稲田大学を中退して友人と協同精米事業をはじめたが失敗し、三星商会を設立して魚や麻、木綿の販売を開始した。1951年には貿易会社の三星物産を設立した。 1953年に第一製糖、54年に第一毛織を設立し、60年代に入ると旧三越百貨店京城店から改称した新世界百貨店を傘下に加え、食品と衣服を中心に事業を展開した。

スポンサードリンク
1969年から70年には、三洋電機やNECと合弁企業を設立して白物家電やテレビの販売を開始したが、家電のノウハウを持つことはほとんどなかった。手はじめに日本から半導体の輸入を開始し、1986年、砂糖で得た資金を背景に半導体工場の建設に着手。1977年に韓国半導体を買収していたが、ノウハウは皆無に近かった。そこでサムスンは、東芝の半導体事業本部長をはじめとする幹部を建設中の工場に招待し、VIP扱いで歓待した。歓待には歓待で応えるのが礼儀である。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3f9b1392172dbe7979369d3793e271e137acd7d

2020-08-13-k001.jpg

現代自グループの主要モデルはGDIエンジンを搭載している。三菱自動車が1996年から2007年に採用していたエンジン。現代自動車は1999年に三菱自動車からGDIのライセンスを取得した後、自社開発のエンジンを搭載しているとしているが、三菱自動車の燃費水増しが発覚した2016年と前後して、現代自動車も燃費水増しで購入者から訴えられるという不正が発覚。さらに サムスングループの19年度の売上は、韓国GDPの約19・4%を占め、続く現代自グループは11・5%を占める。 日本を模倣する2大企業は日本に依存し、韓国経済を支えている。

現実は韓国の中小企業の下支えは、さらに日本に依存している。日本からの発注がなければ、韓国経済は成り立たないという実態がある。大手外資系企業は日本の製造を真似て、さらに日本の製造設備と検査設備のみならず、企業システムまで委託している。また今ではほとんど見なくなったが、大手企業の工場長に当たる人材が、ひと頃は日本人であった時期に工場システムを確立したが、結果日本人退職後は、単に上から目線で下に放り投げる命令形だけの韓国人では、工場管理と言う部分で大きく劣ることになる。結果、品質低下につながり、今の現代自の問題となる。

関連記事

[ 2020年08月13日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp