韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  在韓米軍撤退の可能性はどれほどあるか

在韓米軍撤退の可能性はどれほどあるか

2020年8月13日、環球時報は、「在韓米軍が撤退する可能性はどれだけあるのか」とする、中国社会科学院の王俊生(ワン・ジュンション)氏による評論記事を掲載した。以下はその概要。先日、米国が1万2000人のドイツ駐留兵を削減する決定を下した。多くのメディアが今回の「歴史的な撤退」に注目すると同時に、在韓米軍が次のターゲットになるか否かについての憶測が飛び交い始めている。

韓国にとって在韓米軍は、南北の平和共存が実現できず、北朝鮮が核兵器やミサイル開発を強化する中で、安全保障上必要な存在だ。また、強大な駐留軍の存在と堅固な米韓同盟によって自らの戦略的地位を高めたい狙いも持っている。かたや、米国が韓国に軍隊を駐留する最大の目的は韓国の保護ではなく、冷戦時代はソ連、現在はロシアと中国という大国との競争で優位に立つためである。

しかし、トランプ政権になってから在韓米軍の規模を縮小する動きを見せ始めた。米国のあるシンクタンクの研究者は、情報化時代において駐留軍の軍事的意味が大きく低下していること、駐留費用の増加とともに、基地をめぐる民事紛争など所在国との関係の複雑化を招く要因になっていることの2点を背景に挙げている。米国にとっては、新たな時代におけるコストとリターンという側面から判断しての行動のようだ。

スポンサードリンク
新たな時代背景の下で、米国内では在外駐留軍の削減を求める声がますます高まっている。在韓米軍の規模縮小は、米中間の信頼関係構築、朝鮮半島問題の解決、米韓同盟の刺激緩和といったメリットを持っていると言える。
https://www.recordchina.co.jp/b828243-s0-c10-d0135.html

2020-07-26-k002.jpg

韓国政府をけん制している北朝鮮。ムン・ジェイン大統領は、北朝鮮に融和的な立場は今も変わらない。敵対行為の中止に加え、ただ核ミサイル開発については厳しく非難し日本やアメリカなどとともに制裁を強めるべきだとしている(内心は違うが…)。これに対し北朝鮮は「本当に関係を改善したいのなら、制裁を解除し、アメリカ軍との合同軍事演習もやめるべきだ」とムン・ジェイン政権を揺さぶっている。北朝鮮も本音では経済支援を欲しがっているわけで、互いに相手の出方を見ながら、腹の探りあいが続くだろう。

一方で米国は朝鮮半島の重要性をどう見ているのかは不透明だ。場合によってはトランプ政権下では、日米同盟強化で終わる可能性もあるし、また新規大統領で変わる可能性もある。だが日本政府からすれば危険は変わりがない。軍事力においての復権を果たすきっかけは継続し、軍事面での拡大が加速するだろう。これにより朝鮮半島まで日本の脅威が及べば、在韓米軍は撤退するが、国家破綻を背負う韓国を助け、尚且つ朝鮮半島を米国が維持することで、中国へ圧力をかけるという意志が強ければ、縮小のみとなる。

歴史を見れば、中国やロシアに朝鮮半島主権を奪われないためには、在韓米軍の全面撤退は無いとみるが…。

関連記事

[ 2020年08月15日 08:42 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp