韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子 スマホとディスプレーのシェア下落

サムスン電子 スマホとディスプレーのシェア下落

韓国のサムスン電子製品の世界シェアが上半期(1~6月)は伸び悩んだことが分かった。 サムスン電子によると、スマートフォン(スマホ)の上半期のシェアは16.3%(ストラテジー・アナリティクス調べ、数量ベース)だった。前年同期比2.0ポイント、前年末比1.2ポイントそれぞれ落ち込んだ。世界トップを維持したものの2017年(19.5%)に比べると現在のシェアはほぼ3ポイント下落した状態だ。

業界は、市場規模が縮小したのに加え競争まで激しくなったことでサムスンのスマホのシェアが下がったとみている。 ディスプレーのシェアも落ち込んだ。スマホ向けパネルのシェアは41.3%(オムディア調べ、金額ベース)で前年より2.3ポイント下がった。大型パネルのシェアは昨年基準で9.0%まで落ちた。 サムスンは 、液晶パネルの生産を打ち切り、プレミアムパネル中心に転換する大型ディスプレー事業の構造再編を進めているため、今年から大型パネルのシェアを公開せずスマホ向けパネルのシェアだけを公開している。

ディスプレーの市場規模もやはり新型コロナウイルス感染症などの影響で今年は縮小する見通しだ。ただ、スマホ向けパネルのうちサムスンの主力製品の有機EL(OLED)パネルが占める割合は昨年の30%から今年は32%に上昇すると予想され、有機ELパネル市場で主導権を拡大する計画だ。 半導体メモリーのDRAMのシェアは43.6%(DRAMエクスチェンジ調べ、金額ベース)で前年同期より0.3ポイント下がった。

スポンサードリンク
サムスンは「下半期(7~12月)に非対面産業・デジタル転換加速化に伴う需要が予想され、製品の競争力を土台にポストコロナ時代に備え対応していく」と説明した。テレビのシェアはシェア32.4%(オムディア調べ、金額ベース)で前年同期より1.5ポイント上昇した。 17年に26.5%だったサムスンのテレビのシェアは昨年初めて30%を超え、2006年から14年連続で1位を維持している。
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0817/10267754.html

2020-08-18-k001.jpg

Xiaomiのスマホ「Redmi」シリーズの新モデル「Redmi K30 Ultra」が発表された。Xiaomiのスマホは日本のスマホ市場に驚きの低コストを提示してきた。今回のスマホは画面は6.67インチ(1080 x 2400 FHD+)のベゼルレスディスプレイ。しかも、有機ELで120Hz駆動、タッチサンプリングレートは240Hz、HDR10+もサポートし、画面内には指紋センサーも備わっている。カメラは6400万画素のソニー製センサーで、119度広角レンズや望遠・マクロレンズ、ポートレート用の深度レンズという4眼構成で、4K30fpsの撮影や1080pでの960fpsのスローモーション撮影にも対応。

SoCはMediaTekの上位モデル5G SoC「Dimensity 1000 Plus」、RAMは6GB/8GB、ストレージ128GB/256GB/512GB。下位モデルでも6GB/128GB。日本円で、3万700円前後となる。中国製スマホは高性能で低価格であるから、日本のみならず新興国でのシェア拡大につながっている。すでにインドやインドネシアでは、サムスン中低価格帯は、中国企業スマホに置き換わりつつある。

関連記事

[ 2020年08月18日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp