韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  執務室で吐血した安倍首相

執務室で吐血した安倍首相

日本の安倍晋三首相=写真=に健康異常説が取りざたされている。 菅義偉官房長官は4日の定例記者会見で、安倍首相の健康についての質問を受けた。菅官房長官は「私は連日(安倍首相に)お会いしているが、淡々と職務に専念しており、(首相の健康は)全く問題ないと思っている」と答えた。

しかし、時事通信は「永田町では新型コロナウイルスへの対応が長期化し、豪雨災害も重なったため『首相が疲れている』との観測が出ている」と報道した。日本経済新聞も2日、安倍首相について「表情には疲れもにじむ」と伝えていた。しかも、同日発売されたある写真週刊誌の報道は安倍首相の健康異常説を拡散させている。これは、安倍首相が先月、官邸で吐血したと報道したものだ。菅官房長官はこの報道を否定しなかった。

安倍首相は、6月の通常国会閉会以降、記者会見をほとんどせず、テレビカメラの前に立つことを避けていたため、健康に異常があるではないかという見方が取りざたされていた。安倍首相は第1次政権末期にも健康異常で電撃的に退陣した前歴がある。2007年9月に持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎が悪化し、就任から1年で辞任した。辞任当時は機能性胃腸障害のためだと発表していた。それ以来、安倍首相は定期的に医師の診断を受けて薬を服用しているという。

スポンサードリンク
現在、安倍首相がどのような状態なのかは正確には分かっていない。だが、官邸事情に詳しい消息筋は「安倍首相が最近疲れを見せているのは官邸周辺の全関係者が知っている事実だ。新型コロナウイルス関連政策の相次ぐ失敗や支持率急落が影響を及ぼした可能性がある」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/05/2020080580003.html

2015-02-20-abe.jpg

新型コロナウイルス感染が、全国的に拡大を続けても会見をしない安倍晋三首相に、自民党内から“人間ドック”を勧める声が上がっている。4日発売の写真週刊誌「フラッシュ」は、安倍首相が先月6日に首相官邸内の執務室で吐血していたとの衝撃情報を掲載した。 菅義偉官房長官は「フラッシュ」報道の安倍首相の健康不安説について、「私は連日お会いしているが、淡々と職務に専念しており、全く問題ないと思っている」と否定している。 だが、自民党の参院議員は「立場上、菅さんは安倍首相が体調が悪くても絶対に言えないだろう。火消しに走ったと見られても仕方がありません」と冷ややかに話している。

いずれにしても病気を理由に前回と同じ動きをすれば批判は避けられない。長寿な安倍政権も結果が悪ければ記憶には悪いことしか残らない。国内に弱い安倍首相は、外交力でも期待通りではなかった。アベノミクスでの成長戦略に失敗後、自身の対応で自滅しているようにも感じるが、今の日本政府では日本を支えられるほどの人材がいないのも事実。新型コロナ感染に経済低迷と問題は山積している中で、救世主が誰になるのかは難しい。

関連記事

[ 2020年08月18日 09:34 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp