韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型コロナ第2波の兆し…持ち堪えていた韓国経済「強打」

新型コロナ第2波の兆し…持ち堪えていた韓国経済「強打」

新型コロナウイルスの感染拡大にも相対的に善戦を続けてきた韓国経済が岐路に立たされた。新型コロナウイルスの新規感染者が急増しているからだ。輸出不振にも内需が経済を引っ張ってきた第2波の兆しが現れ大きな打撃が懸念されている。中央防疫対策本部は17日午前0時基準で新規感染者が197人発生し、累積感染者が1万5515人と集計されたと発表した。14日の103人、15日の166人、16日の279人に続き新型コロナ患者が4日連続で3桁の増加となった。

中央防疫対策本部長を務める鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長は、「現状況は大規模流行の初期段階。新型コロナの流行が恐ろしいスピードで全国に拡散している」と話した。嘉泉(カチョン)大学吉(キル)病院感染内科のオム・ジュンシク教授はこの日CBSラジオの番組に出演し、「首都圏は大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)より人口密度が高く移動量が多い。連休中に集会が開かれただけに非常に広範囲な流行が起きる恐れがある」とした。

回復する一部景気指標を基に台頭した景気反騰論も力を失っている。6月の全産業生産は前月と比べ4.2%増えた。6月の小売り販売も前月比2.4%増加した。7月の消費者心理指数(CCSI)は前月と比べ2.4ポイント上がった84.2となった。5~7月の3カ月連続上昇だ。経済協力開発機構(OECD)は韓国が新型コロナウイルスの対応をうまくやったとし、今年の成長見通しをマイナス1.2%からマイナス0.8%に上方修正した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「奇跡のような善戦であり、7-9月期から経済反騰に成功できるだろう」という期待を示した。

スポンサードリンク
だが新型コロナウイルスが流行第2波が広がれば景気が急落すると懸念される。LG経済研究院のチョ・ヨンム首席研究委員は「新型コロナの状況によって今年の成長率が国際通貨基金(IMF)の見通しであるマイナス2.1%以下に下がる可能性もある」との見方を示した。新型コロナが人口の半分が集まる首都圏全域を襲い「景気反騰論」に冷や水を浴びせた。韓国経済を支える輸出と消費の指標に「赤信号」が灯った影響だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b4dd3bdcae3d5c4331072165fadfab96de841b9

2020-08-19-k001.jpg

韓国では2月に宗教団体で集団感染が発覚して以降、大規模な検査や徹底した接触者追跡を行い、4月には3日連続で国内での感染者ゼロを記録するに至った。しかし5月以降、首都ソウルの繁華街などで感染者が再び確認されるようになった。6月23日には過去24時間で新たに17人の感染が報告されており、韓国疾病管理本部(KCDC)は、流行の第2波が来たようだと述べている。

5月初めの連休を機にソウルを中心に感染の第2波が始まったとみているとした。この流行は数カ月は続く見込みとしていた。そして現状況は大規模流行の初期段階。新型コロナの流行が恐ろしいスピードで全国に拡散しているとしている。新型コロナの状況によって今年の成長率が国際通貨基金の見通しであるマイナス2.1%以下に下がる可能性もある。新型コロナが人口の半分が集まる首都圏全域を襲い「景気反騰論」に冷や水を浴びせた形だ。韓国経済を支える輸出と消費の指標にも「赤信号」が灯った。

米国と欧州などが第2波を防ぐため国境封鎖カードを検討しているなど輸出の道が再び狭まる懸念も大きくなり、今月1~10日の1日平均輸出額は前年同期比12.7%減少した。輸出実績が悪化すれば企業が雇用と投資を減らすなど否定的な波及効果も大きくなる。

関連記事

[ 2020年08月19日 08:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp