韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  新たな商機到来か、中国の「無人経済」が加速モードに

新たな商機到来か、中国の「無人経済」が加速モードに

新型コロナウイルス感染症が発生してから、一連の新産業が新たなチャンスを迎えている。「無人経済」はそのうちの1つだ。無人経済とは主に、無人サービスを指し、スマート技術 に基づいて、新小売や娯楽、生活、健康などの消費シーンの中で販売員もレジ係もいない状態を実現するサービスだ。無人カフェ、無人スーパー、無人小型車短距離貨物輸送、ドローンによる上空からの観測や消毒作業などの応用シーンが登場して、人々は無人経済の便利さを実感している。

小売や外食、娯楽、健康などの消費シーンの中で、販売員やレジ係、案内係、サービス係、配送員を必要とせず、スマート技術に基づいて無人サービスを提供する新業態が、雨後の竹の子のように次々誕生した。無人経済はサービス業の中で大きく躍進し、突如襲来した感染症がこの流れをさらに加速した。 すでに2017年には、無人商品棚と無人コンビニが登場して、従来の小売業者に危機感を感じさせていた。そして無人小売産業は瞬く間に誰もが関心を寄せるビジネスチャンスになった。企業情報サイトの企査査がまとめたデータによると、現時点で全国には無人小売関連で経営活動を行っている企業または経営活動は行っていないが存続している企業が1万6000社あり、このうち91社が融資を獲得した。

今年1月から現在までの間に、中国では新たに会社登記を行った無人小売関連企業が1837社あった。今年1-5月の登記件数は前年同期比で26.3%増加した。また、自動運転や無人配送、無人小売、無人ホテル、無人カフェ、無人物流などの新業態が、多くの大・中都市にすでに登場している。

スポンサードリンク
関連機関がまとめたデータによると、今年5月末現在、中国のドローン関連企業は5万5000社を超え、ドローン小売関連企業は1万6000社に達し、自動運転関連企業は1万1000社を超えた。今年1-5月には、無人小売企業だけで、新たに企業1827社が設立され、前年同期比で37%増加した。 無人デバイスの応用が物流産業への拡大発展を加速させている。感染症の期間中に、京東は河北省白洋淀近くでドローン路線を開通し、「Y-3 max」機を利用して周辺の村に生活に必要な物資を送り届けた。ドローンによる食品デリバリー、ドローンによる宅配便の配達が、多くの大手物流企業が注目する新モデルになりつつある。
https://www.recordchina.co.jp/b829132-s10-c20-d0046.html

2020-08-20-k001.jpg

日本列島を取り巻く海を舞台に「蒸気機関の発明以来」ともいわれる大革命が胎動している。海上を自動で運航できる無人運航船(自動運航船)の開発が世界規模で進んでいる。船員不足や環境問題への処方箋としてはもちろん、産業や暮らしの変革につながる期待が高まっている。先行する欧州は実証実験もクリアし、安全対策や国際ルール作りも焦点となるなか、海に囲まれた日本も「海のドローン」への対応は待ったなしだ。

世界の飲食業界ではさらに一歩進んだ試みが生まれつつある。現在、接触を減らしつつ、店舗営業効率を最大化するためのテクノロジーの導入が世界中で一気に進もうとしている。中心にあるのは、自律型ロボットなど次世代テクノロジーだ。飲食店によるロボット導入の動きは16年頃から世界各地で散見されたが、技術的な限界や人間中心の営業オペレーションとの融合の難しさにより、普及しなかった。それが、コロナ禍を受けて堰を切ったようにトレンド化している。

またJR東日本では、無人コンビニの出店を加速させる。無人コンビニは店内のカメラで手に取った商品を識別し自動精算する仕組みで、対面接客が不要なのが強み。衛生意識の高まりを追い風に、4年以内に100店舗体制に拡大する。

関連記事

[ 2020年08月20日 08:31 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp