韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  英では自販機まで登場した車のオンライン販売、労働組合の反発で世界に後れを取っている韓国業界

英では自販機まで登場した車のオンライン販売、労働組合の反発で世界に後れを取っている韓国業界

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてグローバル自動車業界では非対面オンライン販売システムが急速に普及している。5年後は欧州で販売される車の3分の1がオンライン販売になるという見通しが出るほどだ。しかし、韓国国内では、依然営業社員とディーラーを通じてしか車を購入できない構造なので、グローバルトレンドに遅れをとっているという声が出ている。

19日、自動車業界によると、フォルクスワーゲンは来月発売する電気自動車「ID3」をオンラインでも販売する予定だ。まず欧州で最初に適用して、徐々に他の地域に拡大する計画だ。フォルクスワーゲンが本格的なオンライン販売システムを導入したのは、ID3モデルが初めてだ。 海外では、自動車のオンライン販売文化が急速に定着している。フォード、ボルボ、ルノーなどはすでに、オンライン販売システムを活発に運営している。2013年からオンライン販売システムを導入したメルセデス・ベンツは、南アフリカとスウェーデンなどでオンライン販売システムを開始し、欧州、豪州などに拡大することにした。米国では、アマゾンなどのオンラインプラットフォームを通じて、50州で自由に複数の自動車ブランドを購入できる。

BMWは昨年、中国最大のショッピングフェスティバル期間である光棍節期間中に、ウィーチャットを通じて車を販売したところ、5分間で準備した100台が完売となった。中国企業である吉利自動車グループは今年初め、オンライン販売網を適用して本格的な販売に乗り出した。 飲み物やお菓子を買うように車を買うことができる自動車の自動販売機も登場した。自動車プラットフォーム会社「オートトレーダー(Auto Trader)」は昨年、英ロンドンでクレジットカードや携帯電話をかざせば透明なガラス扉が開き、展示された車両をすぐに受け取ることができるサービスを開始した。中国広州でも、フォードとアリババが協力して、自動車42台を収容できる5階建ての自動販売機を設置した。

スポンサードリンク
韓国国内でもオンライン見積りサービスなどが部分的に可能だ。ルノー三星(サムスン)は、色や価格など、希望する詳細事項を入力すれば、それに合う見積もりをオンラインで確認後、ディーラーに面会して最終契約を交わすシステムを運営している。韓国GMも、非対面サービスの強化のために、「e-見積相談サービス」を開始した。しかし、テスラのように対面接触無しに100%オンラインでのみ車両を購入できるシステムは、はるかに遠いのが実情だ。オフライン代理店と営業担当者の売上減少を懸念した労働組合の反対が、最大のネックとなっている。現代自は昨年、ホームショッピング放送を通じた自動車販売を検討したが、労組の反発で計画を中止したこともある。
https://www.donga.com/jp/

2020-08-20-k002.jpg

最近はコロナ禍の影響もあり、会議から飲み会などの遊びまで、インターネットを使ったリモートが普及している。そしてクルマの分野でもインターネットで車種やグレードを調べたり、見積りを入手することが可能だ。インターネットで購入の手続きまで行えるサービスも見られるようになり、BMWは2020年7月30日に、オンラインストアをウェブサイト上にオープンした。ほかのメーカーやブランドを含めて、商談をインターネットで行えるシステムは多い。

BMWの方法は、まずBMWオンラインストアのホームページにアクセスする。車種やグレードを選んだら、次はユーザー登録を行う。近くの販売店を選択して見積書を頼み、商談を行ってオンラインで決済するプロセスだ。ただし車両の売買契約や納車は、ユーザーの選んだ担当販売店における契約になり、オンラインストアですべてを済ませることはできない。オンラインで行えるのは、商談を行って申込金(予約金)を支払うまでとなる。

日本車メーカーの調査によると、顧客がクルマを購入するまでに販売店に出向いた回数は、平均2.6回であった。訪問したメーカーの数は平均1.5社というデータもある。以前のクルマ購入では、販売店に出かけてカタログを集めたり試乗を行い、その後に商談を行って購入するパターンが多かった。それが今は予め車種やグレードを決めた上で、最終的に販売店に出かけて確認の試乗を行い、契約するユーザーが増えた。

クルマは高額商品でサイズも大きく、登録(軽自動車は届け出)制度があってリコールも実施される。 カードで決済して、クルマが自宅に配達される買い方はできない。つまりオンライン販売が主流になることはないが、少なくとも入口だけはインターネット上にも設けておく必要がある。 一方欧州車では、メルセデスベンツも2017年にオンラインストアを立ち上げた。メルセデスベンツの場合は、クレジットカードを使ってオンラインによる全額決済、契約締結も行える。 それでも高価格車だから、クレジットカードの利用限度額を予め大幅に増やしておく必要がある。

関連記事

[ 2020年08月20日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp