韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国型軽空母が「3万トン級の厄介者」になる?韓国で批判の声が上がる理由

韓国型軽空母が「3万トン級の厄介者」になる?韓国で批判の声が上がる理由

2020年8月19日、韓国・マネートゥデイは、韓国国防部が発表した「韓国型軽空母」導入計画について「海軍の橋頭堡になるか、それとも3万トン級の厄介者になるか」と題する記事を掲載した。記事によると、韓国国防部は最近、3万トン級の軽空母建造計画を発表し、「来年から開発を始めて2030年以降に戦略化する」と説明した。空母にはF-35B戦闘機20機が搭載される予定で、ヘリコプター導入なども含めて約5兆ウォン(約4467億円)が投入されるとみられている。

この計画をめぐって、韓国では「中国と日本の間に位置する韓国にとって必要な戦略」「文在寅(ムン・ジェイン)政権に入って自主国防計画が本格化している」と評価する声がある一方、「韓国の実情に合わない」「コストパフォーマンスが低い」と反対する声も上がっている。 空母は基本的に「防御戦力」ではなく「攻撃戦力」とみなされている。また、朝鮮半島の地理的特性上「空母がなくても戦闘機だけで十分領海を守れる」ことから「北朝鮮抑制力にならない戦略」となる可能性があるためという。さらに、「3万トン程度の軽空母では、多目的性の面で戦略的制限がかかる」と指摘する声もある。与党議員からは「軽空母ではなく中型空母級の能力を備えるよう計画を変更するべき」との主張も出ていたという。

こうした懸念の中でも同計画が推進される理由として、記事は「中国と日本の軍備増強」を挙げ、「北東アジアの海が空母の角逐の場となりつつある状況を韓国が傍観していれば、最小限の抑止力確保も難しくなる」と指摘している。

スポンサードリンク
また、実際に導入される2030年ごろまでは「軽空母が日中の『高価な標的』になり得るとの懸念は払しょくされないだろう」とし、「空母の弱みが防御であることも、日中のミサイル技術が飛躍的に発展していることも事実であるため」と説明。その上で「結局のところ約10年でどれだけの技術を開発し、実効性のある軽空母システムを構築できるかが大事」とし、「覇権的な中国と、いつ軍事強国の地位を狙ってもおかしくない日本に対抗するため国防予算を惜しんではならない理由でもある」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b829280-s0-c10-d0058.html

2020-08-08-k002.jpg

軽空母と原子力潜水艦は、軍の長きにわたる念願の事業だった。以前から軍は、これらの兵器体系が、北朝鮮の核兵器とSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)という非対称戦力に立ち向かうことができる唯一の戦力だと主張してきた。戦闘機を搭載する空母は、満載排水量基準で7万トン級以上は大型空母、4万~7万トン級は中型空母、4万トン級以下は軽空母に分類される。米国は12隻を運用中だが、甲板の長さだけで300メートル近くになる大型空母だ。大型空母に比べると、軽空母のサイズは半分以下だ。

中国は6万7500トン級の中型空母の遼寧艦に続き、同級の山東艦を運用している。2030年までに大型空母を含め計4隻の空母を保有する計画だ。日本も最近、空母導入に熱を上げている。日本は「いずも」と呼ばれる2万7000トン級のヘリコプター搭載型大型輸送艦艇を、2025年までに軽空母に改造し配備すると明らかにした。これに、2018年12月に日本が韓国海軍艦艇に対し哨戒機から威嚇したのに続き、昨年7月には中国とロシアが米国を狙い合同哨戒飛行演習を実施するなど、海軍力増強の要求が提起されている。ロシア軍用機が独島領海を侵したのもこの時だ。

まず、中国や日本とは作戦条件が異なる。日本は太平洋に直面しており、海上作戦区域が広大だ。中国も海岸線だけで1万キロメートルほどにもなる。しかし、韓国はこれらの国とは比べると空母の導入は必要ない。朝鮮半島と近隣海域を考えれば、清州や原州などの基地はそれ自体が立派な甲板なのに、あえて海に空母を浮かべる理由はない。特に空母に載せられる戦闘機のF35Bより、作戦半径が300キロメートルほど広いF35Aがあるという点でも、軽空母の導入は非効率的だ。

関連記事

[ 2020年08月21日 08:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp