韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  上半期の韓国即席麺売り上げ1兆1300億ウォン…新型コロナ効果で過去最高

上半期の韓国即席麺売り上げ1兆1300億ウォン…新型コロナ効果で過去最高

新型コロナウイルスの影響で、自宅で食事をする人が増えたことから、今年上半期の国内の即席麺の売り上げ高が半期基準で過去最高の1兆1300億ウォン(約1007億8700万円)を記録した。

ニールセン・コリアが20日に明らかにしたところによると、今年上半期の国内の即席麺売り上げ高は1兆1300億ウォンと集計された。これは前年同期比7.2%の増加だ。新型コロナウイルスで即席麺の購入方式も変わった。新型コロナウイルス流行以前、即席麺は主に大型スーパーや近所の小さなスーパー・コンビニエンスストアなどで購入するケースが多く、インターネット販売の割合は高くなかった。ところが、新型コロナウイルス流行でネットによる購入が広がり、ネットでの即席麺販売も増加した。大手食品メーカーの農心によると、今年上半期に同社がネットを通じて販売したラーメンは400億ウォン(約35億7000万円)で、前年同期に比べ2倍近く増加した。

販売されている即席麺の種類にも変化があった。コンビニなどでよく売れるカップ麺の売上高は減り、家で作って食べる袋入りラーメンは売上が増えた。昨年、即席麺全体の37.5%を占めていたカップ麺の売り上げシェアは、今年上半期は34.3%に減った。農心関係者は「袋めんはカップめんに比べ安価で量が多く、家族の食事用として良い上、非常食としてまとめ買いした人も多かった」と話している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/21/2020082180002.html

スポンサードリンク
2020-08-21-k001.jpg

日清食品ホールディングス(HD)が11日発表した2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が293億円と前の期比51%増え、2期ぶりに過去最高を更新した。カップ麺の売れ行きが通期で好調だった。新型コロナウイルスの影響から巣ごもり消費が拡大したのも足元で追い風となった。これは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出を控え家で過ごす人が増えカップめんの売り上げが増加し、カップめんなどの売り上げが伸びたためだ。

日清食品のカップ麺「カップヌードル」が2019年度、国内年間売上高1000億円を達成した。ドライグロッサリーのブランドとしては業界初の快挙となる。 「カップヌードル」は17年度、18年度と2年連続で売上高過去最高を更新中だったが、19年度は「カップヌードル 味噌」を発売し、「カップヌードル七福神」として定番商品の強化を推進したほか、「あっさりおいしい」「ソルトオフ」「エスニック」等々、フレーバーやサイズバリエーションを展開した。 一方、若年層をメーンターゲットとするメディア戦略も積極展開。同社史上最多動画再生回数を記録したTVCM「HUNGRY DAYS」シリーズの公開。人気具材の“謎肉”を増量した4年半ぶりのリニューアルなど常に話題を提供するプロモーションの展開で、潜在需要の顕在化に成功。国内年間売上高1千億円につなげた形だ。

今年度の業績については、多くの企業が未定とする中、売り上げ、最終利益ともにさらに伸びるとして増収増益を見込んでいる。日清食品ホールディングスは「巣ごもり需要の効果がいつまで続くか見通しにくい。新型コロナウイルスの感染拡大が収束したあとの消費者の好みの変化なども見極めたい」と話している。

関連記事

[ 2020年08月21日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp