韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  中国のZマシンは米国の22倍のエネルギーを発生

中国のZマシンは米国の22倍のエネルギーを発生

2020年8月21日、仏RFIの中国語版サイトは、アップルデイリーの記事を引用し、「米誌ナショナル・インタレストによると、中国のZマシンは間もなく建設が完了し、核爆発を伴わずに核兵器の実験を行うことができるようになる」と伝えた。記事によると、Zマシンとは一種の高周波電磁波発生器で、極度に高温、高圧の条件を作り出すことができ、ある種の物理試験や材料試験を行うことができる。非常に強力なX線を発生させ、核爆発に近い状態を再現することができるという。

中国のZマシンは60メガジュールのエネルギーを発生できる。これは米サンディア国立研究所のZマシンの2.7メガジュールと比べると約22倍になるという。中国の物理学者は「これだけ大きなエネルギーを利用するので、摂氏1億度まで加熱することを目標としている。そうなると米国のZマシンはひどく見劣りしたものとなるだろう」と述べている。 

中国のZマシンは米国よりも規模が大きいとはいえ、中国がどれほどの優位性を持つことができるかははっきりしていないという。米国は現在約7000発の核弾頭があり、ロシアもほぼ同数の核弾頭を有しているが、中国は300発しかない。しかしそれでも米国に破滅的な破壊をもたらすことができるという。
https://www.recordchina.co.jp/b830159-s0-c10-d0062.html

スポンサードリンク
2020-08-24-k001.jpg

Zマシンは、アメリカ合衆国のサンディア国立研究所が保有する核融合実験装置であり、2016年現在世界最強のX線発生装置でもある。世界各国で行われている核融合研究の主流とは大きく異なる、Zピンチと呼ばれる物理現象を利用した実験装置であり、これによって発生させた強力なX線で物質を爆縮し、熱核兵器の内部と同程度の極度に高温、高圧の条件を作り出すことが可能だ。この方法により、2003年3月には重水素燃料のみで核融合を達成している。

ZマシンはZピンチと呼ばれる比較的良く知られた物理現象を用いている。Zマシンの大部分はZピンチを発生させるための、ごく短い時間幅の大電力パルスを発生させるための装置群となる。Zピンチについて簡単に説明すると、空間中に十分長い2本の導体線を平行に置き、これらに同じ方向の電流を通電すると、お互いが発生する磁場と電流の相互作用によって2本の導体線を近づける方向にローレンツ力が発生する。

今度は空間中に仮想的な円柱を考え、中心軸に平行に円柱の側面上に等間隔で多数の導体線を置き、2つの底辺に円盤状の導体を電極として置き、これらを電気的に接続する。このような構造物はZピンチを利用する分野ではワイヤーアレイと呼ばれていて、実際に非常によく利用されている(Zマシンもこのワイヤーアレイを使用している。ワイヤーアレイの底面を構成する2つの電極に通電すれば、各導体線には隣接する導体線との距離を縮める方向にローレンツ力が発生する。各導体線を均等に電流が流れるのであれば、各導体線にかかるローレンツ力の合力は、円柱の中心軸に向かう同じ大きさ力となる。

つまりZ軸の方向にワイヤーアレイ全体を絞るような力が発生するわけであり、このためこの現象はZピンチと呼ばれている。

関連記事

[ 2020年08月24日 08:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp