韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国で売れた小型SUV3台中1台は韓国GMの輸出車

米国で売れた小型SUV3台中1台は韓国GMの輸出車

韓国GMは23日、今年上半期(1~6月)に米国で販売された小型スポーツ多目的車(SUV)全体のうち3分の1が、韓国国内の韓国GM工場で生産して輸出された車種だと日明らかにした。

米国での上半期の小型SUV販売結果を総合した結果、ゼネラルモーターズ(GM)が販売しているシボレー「トラックス」が5万708台で1位となった。ビュイック「アンコール」と「アンコールGX」、シボレー「トレイルブレイザー」まで加えたGMの小型SUVの4つの車種の販売台数は9万3538台で、売上上位15車種のうち、GMのシェアは31.9%だった。これらの車種は、韓国GMが生産したもので、韓国を原産地とつけて販売している。

韓国GM生産車の販売好調は、第1四半期(1~3月)に次いで続いた。新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)により米国での自動車販売が低迷したが、シボレー・トラックスは、第1四半期の2万8242台に続き、第2四半期(4~6月)も2万2466台で、小型SUV販売で1位を守った。トラックスとシャーシやパワートレインを共有するビュイックアンコールは、上半期の累積で2万4271台が販売され、第1四半期の1万4238台に続き、1万台ほど販売台数が伸びた。

スポンサードリンク
一方、6月から米国で販売を始めたシボレー・トレイルブレイザーは、北米自動車評価会社「アイシカー」から「米国で最も急速に販売された車」に選ばれた。
https://www.donga.com/jp/

2020-08-24-k002.jpg

中国に次いで世界第二位の自動車市場アメリカ。2019年も1700万台もの新車がアメリカで売れた。日本メーカーも、トヨタ(トヨタ、レクサス)、日産(日産、インフィニティ)、ホンダ(ホンダ、アキュラ)、スバル、マツダが北米で自動車の生産、販売を行なっている。第1位は、トヨタRAV4。45万台近くを売り上げた。前年比104.9%。歴代RAV4でもっとも売れたモデルだ。日本でもアメリカでも現行RAV4は大人気だ。 モーターインテリジェンスの発表によると、米国の2019年の新車販売台数は、前年比1.3%減の1,704万7,725台となった(図1参照)。今回の結果に関し、販売台数が年初の予測の1,600万台後半を上回り、5年連続で1,700万台を維持したことから、新車市場は好景気に支えられて高位安定で推移している。

主要メーカー別でみると、販売台数の減少幅が最も大きかったのは日産(前年比9.9%減)、次いで、フォード(3.2%減)、ゼネラルモーターズ(GM)(2.5%減)、トヨタ(1.8%減)、フィアットクライスラー・オートモービルズ(FCA)(1.4%減)となった(表2、図3参照)。日産は乗用車に加えて、CUVの「ローグ」や「ムラーノ」、ピックアップトラック「タイタン」といった米国人気の車種でも前年比2桁減と落ち込んだ上に、その他ほぼ全ての車種が減少した。また、フォード、GM、トヨタはそれぞれ「フォーカス」や「クルーズ」「プリウス」〔プラグインハイブリッド(PHV)車とハイブリッド(HV)車を含む〕といった乗用車の減少が影響した。

一方で、増加幅で全社首位となったのは電気自動車メーカーのテスラ(41.9%増)、次いで、現代(4.7%増)、起亜(4.4%増)、スバル(2.9%増)、フォルクスワーゲン(VW)(1.8%増)、ホンダ(0.2%増)となった。テスラは乗用車「モデル3」が伸びを牽引した。連邦政府による同社に対するEV税額控除は2019年1月から半年ごとに半減され、2020年にはなくなったが、同社では2019年初から1台当たり2,000ドルを割引して販売促進を行っている。その他のメーカーはいずれもCUVが好調で各社の伸びを押し上げた。

関連記事

[ 2020年08月24日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp