韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  GSOMIA、終了でも延長でもなく…適当にやり過ごした韓国政府

GSOMIA、終了でも延長でもなく…適当にやり過ごした韓国政府

日本の輸出規制に終了直前まで達していた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が24日、事実上延長された。この日、外交部関係者は「GSOMIA終了に関連して日本側に伝えた事項はない」と明らかにした。韓日両国はGSOMIA協定文により毎年8月24日までに別途の終了通知をしなければ協定が1年自動的に延長される方式を採用してきた。しかし、昨年7月、日本がフッ化水素など核心素材3つに輸出規制にかけると、政府は「経済報復を撤回しないならGSOMIAを終了する」という意向を日本に伝えた。

両国は激しい神経戦の中で協定終了の手順を踏んだが、結局昨年11月韓国政府は再び「(終了)通知の効力を中止する」と発表した。GSOMIAを単なる韓日間の問題でなく「破棄する場合、米日韓3か国の安保協力からの離脱と見なす」という米国の圧迫のためだった。これを受け、窮余の策としてGSOMIAの「終了の猶予」という前例のない決定が下されたわけだ。

その後、両国の沈黙の中でGSOMIAは「とりあえず延長」の手順を踏んでいる。だが、延長したのかという質問に韓国政府は「いつでも終了できる」という立場を明らかにしている。「終了の猶予」をいつでも再び終了できるということだ。そうするうちに政府がGSOMIAを公式に1年自動延長したわけでも終了させたわけでもない妙な外交術を駆使しているという指摘が出ている。

スポンサードリンク
だが、政府の言った通りにGSOMIAカードが有効な外交的カードなのかについては韓国内部でも意見が分かれている。GSOMIAは韓国政府が昨年自信ありげに終了を宣言して「破棄する場合、米日韓3カ国の安保協力からの離脱と見なす」という米国の圧迫に勝てず撤回したカードだ。その時、すでにやたらに使うことのできないカードということが明らかになり、相手である日本もその事実をよく分かっている。
https://japanese.joins.com/JArticle/269525?servcode=A00§code=A10

2020-07-26-k002.jpg

中央日報は、政府がそれでもGSOMIAカードを手放せていない理由は、今後日本戦犯企業に対する大法院(最高裁)の財産差し押さえが現実化すれば、予想される日本の追加経済報復に対応する外交的カードとして残しておいたためという見方もあると締めくくっている。

一方で中国との間でGSOMIA破棄について、譲歩することなく破棄すると中国政府に伝えている韓国政府。韓国が中国に擦り寄るという構図は今でも変わらない。がしかし、日本から見放されることのほうが恐ろしいという事実。韓国経済が日本のメガバンクからの融資を含め、今なお日本に依存している実態は変わらない。日本政府が韓国を断ち切れば韓国経済は終わる。韓国政府に強みは無い。弱い連中だけに、常にうるさく吠えるだけであったが、今後は国家破綻が目先に迫っているわけで、そう単純ではなさそうだ。

関連記事

[ 2020年08月25日 09:27 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp