韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済「V字回復」の夢も破れた

韓国経済「V字回復」の夢も破れた

韓国銀行は27日、経済見通し修正報告書発表し、今年の経済成長率予測値をマイナス1.3%に下方修正した。わずか3カ月前の5月末の予想値(マイナス0.2%)を1.1ポイント下回るもので、通貨危機当時の1998年(マイナス5.1%)以降22年ぶりのマイナス成長となる見通しだ。

今回の予想値は韓国国内で新型コロナウイルスの最初の拡散を防いだ2月末時点の予想値(プラス2.1%)に比べると3.4ポイントも低いものだ。李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は同日の記者懇談会で、「世界的なコロナ拡大が止まらない上、国内でも最近再拡大が起きており、輸出と消費の改善が当初予想よりも遅れるとみられる」と説明した。今年の民間消費は前年比で3.9%減少。輸出は4.5%減少すると予想される。

韓銀によるマイナス1.3%の成長見通しも今回のコロナ再拡大が10月初め以降、落ち着くことを前提にした「基本シナリオ」だ。最初の拡大期にように、1日の確定患者数が100人以上の日が40-50日間続くことを前提にした。しかし、冬になっても拡大が止まらない「悲観シナリオ」となれば、成長率はマイナス2.2%まで落ち込むと予想される。

スポンサードリンク
そのマイナス2.2%すらもソーシャルディスタンス第3段階など経済の全面的封鎖措置が実施される可能性を反映していないもので、状況がさらに深刻化すれば、韓国経済が底の見えない谷に落ち込むことが懸念される。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/28/2020082880026.html

2014-02-05-wa-2.jpg

韓国政府は、韓国の今年の経済成長率がマイナスに転落する可能性に言及している。最近の新型コロナウイルス感染の再拡大が予想以上の打撃になりかねないとの認識だ。韓国銀行が2020年の韓国の国内総生産成長率見通しを従来のマイナス0.2%からマイナス1.3%に大きく引き下げたことに関し政府の見解は、4~6月期のGDP成長率(マイナス3.3%)や、新型コロナウイルス感染再拡大により景気の回復ペースが落ちる可能性などを勘案すると、政府が6月初めに発表した今年の成長率目標(0.1%)の達成は容易でないとし、マイナス成長の可能性を事実上認めた。

さらに最近の感染再拡大を受け、政府は社会的な距離」確保の措置を強化し、公共交通機関による移動、レジャーなどの活動、対面サービスでの消費といった内需関連の指標が低下していると指摘する一方で、最初に感染が拡大した2月第4週や3月第1週などと比較すると、鈍化の勢いは限定的としている。防疫の成功が経済回復の大前提となるため、防疫を最優先としなければならないとする一方で、同時に防疫インフラと成熟した市民意識を基盤に、感染者急増を抑制できる状況には、慎重に判断する必要があるとしている。

関連記事

[ 2020年08月29日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp