韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国が工業レベル5G端末ベースバンドチップ発表

中国が工業レベル5G端末ベースバンドチップ発表

8月28日、中国が開発した最新の工業レベル5G端末ベースバンドチップ「動芯DX-T501」が、江蘇省昆山市で発表された。

また工業レベル5G技術連盟を立ち上げる準備をしており、チップの応用の実施を加速的に推進するとともに、インダストリアル・インターネットの発展を加速することも打ち出した。

「動芯DX-T501」はインダストリアル・インターネットの応用に向けた工業レベル5G端末ベースバンドチップで、工業製造、工業・農業生産、交通・物流、生活サービス、遠洋・鉱山などの分野で工業レベルの5Gソリューションを提供するものとなる。中国新聞社が伝えた。

中国科学院コンピューター技術研究所が株式を保有する北京中科晶上科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)が開発・製造を手がけ、昆山市で産業化の応用発展に向けた配置を進める。
https://www.recordchina.co.jp/b831842-s10-c20-d0035.html

スポンサードリンク
2020-08-31-k002.jpg

産業用5Gターミナルベースバンドチップ「ダイナミックコアDX-T501」の発売式で、産業用5Gテクノロジーは次世代の産業用システムの中心的なハブであると述べている。将来すべての歩みは産業用5Gと産業用インターネットの織り交ぜに依存するようになる。「ダイナミックDX-T501」は、工業用インターネットアプリケーション向けの工業用5Gターミナルベースバンドチップ。工業用5G専用DSP(デジタル信号処理)コアを備えている。産業用途に応じてカスタマイズでき、工業生産、工業および農業生産、輸送およびロジスティクス、ライフサービス、海洋鉱業、その他の分野に工業グレードの5Gソリューションを提供する。

当日の記者会見では、中国科学院のコンピューティング技術研究所、昆山市政府、中華景尚が包括的な戦略的協力協定に署名し、産業グレードの5G技術アライアンス準備グループと「産業グレードの5G産業開発の促進」円卓会議のフォーラムを開催した。工業グレードの5Gテクノロジーアライアンスに関して、中国工学院の学者であるNi Guangnanは、アライアンスが工業グレードの5Gテクノロジーをサポートおよび業界の需要としてガイドとし、双方にメリットのある統合されたオープンなコラボレーションプラットフォームを構築し、テクノロジーと業界の高度な統合を促進し、業界を構築することを目的としているとした。レベル5Gインダストリアルインターネットエコロジカルクラスターは、インダストリアルインターネットの革新的な開発を支援するとしている。

関連記事

[ 2020年08月31日 08:45 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp