韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「ニューディールファンド」で韓国経済の未来切り開く 文大統領

「ニューディールファンド」で韓国経済の未来切り開く 文大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、青瓦台(大統領府)で開いた第1回「韓国版ニューディール戦略会議」で、「『ニューディールファンド』と『ニューディール金融』で韓国経済の未来を切り開く」として、韓国版ニューディールを後押しする金融政策に本格的に着手する方針を明らかにした。

また、「財政・政策金融・民間金融の三つの軸で韓国版ニューディールを成功に導く」として、「単一のプロジェクトとしては過去最大規模の投資が行われる」と説明した。 ニューディールファンドは政府が財政を投入する政策型ファンド「国民参加型ニューディールファンド」と税制優遇を提供する「ニューディールインフラファンド」、民間金融を支援する「民間ニューディールファンド」を同時に立ち上げる。 文大統領は国民参加型ニューディールファンドで20兆ウォン(約1兆7910億円)を集めるとして、「損失リスクの分散と税制優遇により、安定的な収益を可能にする」と強調した。

また、民間が自主的にニューディールファンドを調達する環境をつくるとし、投入資金の規模については「今後5年間に、政策金融(機関)が100兆ウォン、民間金融が70兆ウォンを投入する」との方針を示した。 その上で、「市中の豊富な流動性を不動産のような非生産的な部門から生産的な部門にシフトさせる面でも大きな意味がある」として、金融界に対し「積極的な後押しが必要」と呼びかけた。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200903002300882

スポンサードリンク
2020-08-22-k003.jpg

文大統領は、青瓦台で主宰した第1回韓国版ニューディール戦略会議で「国民とともに財政、政策金融、民間金融の三つの輪で韓国版ニューディールを成功に導く」と述べた。 文大統領は「国民参加型ニューディールファンド、政策金融と民間金融を通じて、単一のプロジェクトとしては過去最大規模の投資が行われるだろう」とし「政策型ニューディールファンドで20兆ウォンを造成し、韓国版ニューディール分野に集中投資する計画」だと述べている。

さらに「インフラファンドを育成し、ニューディール社会基盤施設に投資すると同時に、損失リスクの分散と税制優遇により、国民に安定的な収益を可能にする」と強調し、「さらに政府は民間が自律的にニューディールファンドを造成できる投資環境も積極的に設ける」と約束した。今後5年間、政策金融から100兆ウォン、民間金融から70兆ウォンを ニューディールプロジェクトと企業に投入する計画だ。  

文大統領は政府の役割に対し、「政府は韓国版ニューディールに必要な制度改善と規制革新を速やかに進めていく」とし、「規制革新こぞ、韓国版ニューディールのもう一つの成功条件であるだけに、政府と与党は先月、 経済界とともに韓国版ニューディール法・ 制度改革タスクフォースを構成した」と説明している。 だが現実は政府負債増大のみならず、日本企業からの発注に依存し、日本のメガバンクからの融資に頼っている現状がある。

政府は海外投資家から借金し、日本からの融資で投資しても大手外資系企業の成長戦略不足である。まして政府は成長戦略環境を形成する人材もいないわけで、口先だけで何とかなる事ではない。国家破綻が近い韓国は、政府が必死に内需拡大となるべく中小企業を見直し、受注を増やせる体質にするべきで、大手企業にとっては厄介な規制ばかりで、韓国外への拠点移動が進んでいる。当然中小企業も移動することになる。益々内需は縮小し、経常収支は著しく低下するだろう。

関連記事

[ 2020年09月04日 08:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp