韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  損失出れば税金で…こんなファンドは初めて

損失出れば税金で…こんなファンドは初めて

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、青瓦台で開かれた「第1回韓国版ニューディール戦略会議」で「ニューディールファンドとニューディール金融で韓国経済の未来を開く」と述べ、20兆ウォン(約1兆7800億円)規模の国民参加型ニューディールファンドを創設すると表明した。文大統領は国民参加型ファンドと関連し、「損失リスク分担と税制優遇で国民により安定的な収益を可能にする」と説明した。

しかし、韓国版ニューディールプロジェクトの具体的内容と投資先が不透明な状況で「官製ファンド」を募金しようとしているとの指摘が出ている。国民参加型ニューディールファンドは20兆ウォンのうち7兆ウォンを政府と政策金融機関が拠出する。政府は「35%まで一般投資者の損失を埋めることになるので、事実上元本保証と同じ効果だ」としている。しかし、「結局損失が出れば国民の税金で埋めるものだ」とする批判が聞かれる。

同日の会議には、趙鏞炳(チョ・ヨンビョン)新韓金融持株会長、尹鍾圭(ユン・ジョンギュ)KB金融持株会長ら金融持ち株会社9社の代表をはじめ、民間金融機関の幹部が結集した。文大統領は席上、「韓国版ニューディールを成功させるには、金融の積極的な下支えが必要だ。今後5年間に政策金融で100兆ウォン、民間金融で70兆ウォンを韓国版ニューディールプロジェクトに投入する」と述べた。

スポンサードリンク
政府は「国民参加型ニューディールファンド」、税制優遇を与える「ニューディールインフラファンド」、「民間ニューディールファンド」を同時に稼働させる構想だ。それを通じて調達した資金を再生可能エネルギー、水素自動車、インフラのデジタル化などに投資し、2025年までに190万人分の雇用創出を見込む。しかし、新たな成長動力事業が見当たらず、ファンド運用が悪化し、短期雇用を量産するにとどまるのではないかとする懸念が聞かれる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/04/2020090480006_2.html

2020-03-25-k005.jpg

今でさ税収は大きく不足し、海外投資家からの借金で国家予算を賄っている。なので毎年数10兆円規模で負債が増加する。なにを実施するにも税金頼みと言うのは過去の事で、不動産や家賃システムが変わり、今では実に厄介な状態となっている。益々家計負債と不動産ローンはリンクしにくくなり、家は購入したが、入居すら出来ない状態と化すようでは困りごとだろう。

また低迷する企業へ公的資金を投入し、雇用を確保し、さらに政府傘下企業で高齢者を雇用し、給料を税金で支払う。無理な雇用維持は、企業の成長戦略と言う考えが薄れ、事あるごとに企業は政府に泣きつく状態が数年前から続いいている。そして自国民雇用も同様で、文政権下で無理な政策は、結果として大増税につながる。また企業から資金を集めて、税金で補てんしたファンドでは、投資戦略が明確でなければ失敗する。

何でも言葉だけで終わる韓国政府には、有能な実務者がいない。理想論議だけで終わり、気が付けば税金だけ使われ、財政赤字と言う火の車はさらに拡大する。

関連記事

[ 2020年09月04日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp