韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG「SKが技術奪取」vsSK「歪曲主張」…バッテリー特許で攻防

LG「SKが技術奪取」vsSK「歪曲主張」…バッテリー特許で攻防

LG化学とSKイノベーションがバッテリー特許技術をめぐり激しい攻防を見せている。LG化学は、自社の先行技術をSKイノベーションが奪取して特許登録した後、LG化学を相手に特許侵害訴訟を起こしたという立場だ。一方、SKイノベーションは独自に開発した技術だとし、LG化学が歪曲して主張していると反論した。

LG化学は4日午後、立場を表明し、「SKイノベーションが根拠のない主張をしているため、事案の深刻性と正確な事実を知らせる」と明らかにした。SKイノベーションが昨年9月、LG化学がバッテリー技術特許(特許番号994)を侵害したとして米国際貿易委員会(ITC)に提訴したことに関連してだ。LG化学は、SKイノベーションが994特許を出願した2015年6月よりはるか以前から先行技術を保有していた、と繰り返し主張した。2013年からクライスラー・パシフィカに販売されたLG化学のA7バッテリーが該当技術を採用していたという説明だ。

LG化学は「SKイノベーションが他社の技術を持っていって特許登録し、逆に特許侵害訴訟まで提起した」とし「これを隠すために証拠隠滅をした状況を我々が指摘すると、『交渉優位のための圧力用カード』『世論を有利に導こうとしている』などと根拠のない主張をしている」と批判した。続いて「SKイノベーションが特許侵害訴訟で証拠を隠滅する状況が多数発見され、ITCに制裁を要請した。SKの特許に新規性はないことを認めてほしいとITCに伝えた」と明らかにした。

スポンサードリンク
SKイノベーションはLG化学の立場表明の約5時間後、「994特許は自社が開発した技術」と反論した。SKイノベーションは「LG化学は特許訴訟にあった時点には該当技術について認知もしておらず、訴訟手続きがかなり進行してから先行技術だと言いながら類似性を強弁している」と指摘した。続いて「LG化学はライバル企業の特許開発を注視し、特許登録を阻止するために多くの異議を提起しているが、自分たちの技術が特許化されると考えていたのなら特許出願当時にすでに異議を提起していたはず」と主張した。994特許の先行技術がLG化学の技術なら994特許出願自体が不可能だったという指摘だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/269921?servcode=300§code=320

2015-02-26-lg.jpg

ソウル中央地裁民事合議第63-3部は8月27日、SKイノベーションがLG化学を相手取って起こした「特許侵害関連訴え取下げおよび損害賠償訴訟」で原告の敗訴を判決した。この日の判決は両社が米国で起こしているバッテリー訴訟から派生した件となる。LGは「昨年4月、SKが自社の人材を抜き出して営業秘密を侵害した」としてSKをアメリカ国際貿易委員会(ITC)に提訴した。また、9月にはITCとデラウェア州連邦地裁にSKが米国で販売した車両に搭載されたバッテリーに関連した計5件のバッテリー特許を侵害したと訴訟を起こした。すると、SKも翌月である10月、ソウル中央地裁にLGが提起した特許侵害訴訟の中で対象特許1件はかつて両社が「問題にしないことで」合意したことを破棄したものだとして訴えを取り下げてほしいと訴訟を起こした。

両社が2014年「分離膜特許に対して国内外でこれ以上争訟しない」ことで合意したが、LGがこれと同様の米国特許でITCに訴訟を提起して合意を破棄した。SKは訴訟取下げ請求とともにLGを相手取って合意破棄にともなう計10億ウォン(約9000万円)の損害賠償金も請求した。が、この日裁判所は「SKとLGの2014年10月合意内容にLGの米国特許に対する不提訴の理由が含まれているとみることはできない」と判断、「特許の独立と属地主義原則により米国で起こした訴訟と韓国での訴訟対象は別」というLGの主張を受け入れた。

関連記事

[ 2020年09月06日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp