韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  菅内閣に橋下徹氏の閣僚起用浮上? 

菅内閣に橋下徹氏の閣僚起用浮上? 

自民党総裁選(8日告示、14日投開票)は、菅義偉官房長官(71)が党内7派閥中5派閥の支持を取り付け、圧倒的優位とされる。永田町では、次期衆院選を見据えた「目玉閣僚」の起用もささやかれており、ネット上には、元大阪市長の橋下徹氏の閣僚起用を予想する声もある。

「憲政史上最長の安倍晋三首相に比べてパワーが落ちることは、やむを得ない。菅氏は単に継承するのではなく、大胆な組閣も必要だろう」 永田町事情にも詳しい評論家の八幡和郎氏は、こう語った。 ネット上では、情報サイト「ビジネスジャーナル」に、ジャーナリストの松岡久蔵氏が寄稿した「菅義偉内閣、総務相に橋下徹氏が浮上」という記事が注目されている。菅氏が、地方活性化や携帯料金値下げを掲げていることから、所管する総務相に橋下氏を起用するのではというものだ。 菅氏と橋下氏は旧知の仲で、毎年年末、安倍首相や松井一郎・大阪市長(日本維新の会代表)とともに都内で忘年会を開いていた。

ネット上でも、「オールジャパンの最強幕府」「これは面白い説だ」などと歓迎する声が挙がっている。 確かに、歴代総務相には、元岩手県知事の増田寛也氏や、元鳥取県知事の片山善博氏がいる。大阪府知事と大阪市長を経験した橋下氏は有資格者といえそうだ。 八幡氏は「橋下氏の総務相起用は考えられる。菅氏は総務相経験があり、同省を自らコントロールできる。ただ同じウルトラCであれば、法相起用がいいのではないか。検察改革を断行するなら、司法制度に詳しく、検事や裁判官相手でも戦える橋下氏しか務まらない」と話している。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200905/pol2009050006-n1.html

スポンサードリンク
2020-09-06-k002.jpg

橋下前市長が「大阪都構想」についての住民投票で敗れ、政界引退を表明しが、今後とも政界への影響力は保持するし、復活論も強まるだろう。そして、ポスト安倍不在のなかで、宰相待望論も浮上してくることも間違いないという記事をよく見る。政界引退を明言したのだから、合理的な期間の隠遁は必要だが、引退表明を撤回して復活した政治家などいくらでもいる。 それでは、宰相候補としてふさわしいかといえば、多くの点で考え直して欲しい点はある。現状で安倍首相がいずれ引いたあと、同等の水準の総理候補などいないのだから、浮上してくるのは当然と言われる。

だが日本政府の人材の細さと言う意味だが、橋下氏が適任かどうかは難しい。人気絶頂だったころに比べて、政治家として円熟してきているとは言い難い。まして日本を任せるには荷が重すぎるだけでなく、タダ頑固一徹では無理。まして外交力は無い。今は菅氏の「のらりくらり」が適任だ。一気に日本のシステムを改変に導くよりは、地道な対応で日本経済においても一呼吸置くべき。急がば回れである。菅政権は恐らくは短命で終わるわけで、時間を稼いで、適切な人材を育てる必要があるのも事実。むしろ菅氏で、乗り切ることのほうが安全策ともいえる。安倍首相で結果が出せなかったわけで、他の人材が結果を残せるとは思えない。なのでタイミング的には新型コロナ感染拡大やら、自然災害に、危険な東京オリンピックもあるが、おそらくは中止になる可能性も高い。

日本経済の立て直しは企業トップのほうが専門だろうから、企業が積極的に内部留保金を使うタイミングであり、経済活性化の土台つくりとなるわけで、無理に政治家連中がでしゃばることでもないと思うが…。また自国防衛においても、米国と中国を含めた外交で、のらりくらりのほうが、世界を見る限り新型コロナ感染で経済が低迷し、ピリピリ感が漂う状態では、むしろ菅氏のほうが安全に思える。

関連記事

[ 2020年09月06日 09:17 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp