韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  スマホとパソコンの役割逆転も? 情報の消費と生産の“新しい当たり前”

スマホとパソコンの役割逆転も? 情報の消費と生産の“新しい当たり前”

コロナ禍で外出の機会は激減しているが、いっさい外に出ないわけにはいかない。だが、出かけたら出かけたで猛暑の中、熱中症の心配もしなければならない。ずっと外にいるのではなく、安全な屋内の居場所を確保して適切に休息をとろう。 こう暑いのでは、冷たい生ビールが恋しいが、飲むなら飲むで、コロナ対策をきちんと対処している店を選びたい。

人と人との距離をとるという安全策によって、カフェなどでも資料やパソコンを広げての作業がしやすくなっていたりもする。昼間の焼き肉屋は、ちょっとした仕事をするのに最適といったビジネスマンの話も聞こえてくる。強制排気、自分でできる加熱調理、広いテーブルなどで安全と利便性を確保できるということらしい。 また、インターネットの使い方にもちょっとした変化の兆しがあるようだ。スマホやタブレットなどのモバイル機器に対して、パソコンの利用率が上昇しているという分析が出ており、実際、需要も増加している。 ステイホーム、巣ごもりといったキーワードから想像できるように、自宅でチマチマとしたスマホの画面を見るよりも、パソコンの大きな画面でゆったりとインターネットを楽しんだり、効率的な仕事をしようというトレンドだ。

スマホの画面は大きくても6型前後だ。それに対してパソコンの画面は15・6型がポピュラー。最新のモバイルノートパソコンは13・3型あたりに抑えて携帯性を高めているが、それでもスマホよりはずっと大きい。 昔から、スマホは情報の消費、パソコンは情報の生産に向いていると言われてきたが、どうもその役割が逆転しているようにも感じる。 大量の情報を効率よく眺めていくには、一度に多くの情報を表示できる大画面の方が効率がいい。一方、自分で何かを書き連ねるといった情報の生産に関しては、小さな画面で集中するといった具合だ。

スポンサードリンク
若者たちの中には、パソコンのキーボードをたたくより、スマホの方がずっと高速に文字を入力できるような強者もいるらしい。 こうして“新しい当たり前”の浸透が加速する。今までとはちょっと発想を変えて、仕事や遊びに取り組んでみよう。ステイホームで得られた時間の余裕を、そんなことを考えるために使いたい。
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/200905/ecn2009050001-n1.html

2014-04-09-wa.jpg

新型コロナウイルス対策として多くの企業がテレワークに取り組むなかで、リモート・デスクトップ・サービスへの注目度が高まっている。社内にあるパソコンと自宅などにある社外パソコンをインターネット経由で接続したうえで、社外パソコンから遠隔で社内パソコンを操作できるようにするサービスだ。 現実、2019年度後半からリモート・デスクトップ・サービスの引き合いは増えている。背景には「2020年夏に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックの交通混雑の回避などに備えて、テレワーク環境を整備したい」といったニーズの高まりがあった。 ところが2020年に入って、新型コロナ対策でテレワークが企業にとって喫緊の課題になってくると、問い合わせ件数や契約件数などが約10倍に急増した。

サービス提供用のネットワーク帯域を従来の10倍に急ぎ拡張するなどの措置を講じたという。一般に企業がテレワーク環境を整備する場合、まず社外から社内への接続方式やツールを選定してから、その後に検証や導入の手順を決めていくという。しかし、「今回はそうした手順を踏む時間がなく、テレワーク環境をすぐに導入する必要があった。 特に2020年第2四半期のPC出荷数は6480万台に達し、小売店はPC用品の在庫を補充できるようになり、新型コロナウイルスの影響で自宅で仕事や学業をこなす人が増えたことに伴ってモバイルPCの需要も増加した事で、今後仕事をするスタイルにも変化がみられる。

関連記事

[ 2020年09月06日 09:30 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp