韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ファーウェイの独自OS「ハーモニー」、来年にも実用化へ

ファーウェイの独自OS「ハーモニー」、来年にも実用化へ

10日に開かれた注目の「2020華為(ファーウェイ)開発者大会」で、ファーウェイの一般消費者向け事業は、ハーモニー(鴻蒙)OS 2.0、HMS Core 5.0、OSのEMUI 11、HUAWEI HiLinkなど、一連のスマート端末分野の革新的成果を発表した。ファーウェイの一般消費者向け事業CEOの余承東(ユー・チョンドン)氏は、「当社は自社のコア技術とソフト・ハードウェア能力を全面的に開放し、開発者と共に全シーンにわたるスマートエコシステムの力強い発展を共同で駆動する」と述べた。深セン特区報が伝えた。

ファーウェイの今年上半期の世界販売台数は1億500万台、一般消費者向け事業の収入は2558億元。同時にその他のハードウェアも急成長している。ファーウェイのスマートウォッチの今年上半期の市場シェアは世界2位、国内1位だ。タブレットPC市場のシェアは世界3位、国内2位。ノートPCの世界販売台数は120%増で、国内では2位。ファーウェイは今回の大会で ハーモニーOS 2.0を正式に発表するとともに、年内にまず国内の開発者向けにスマホ用の「HarmonyOS」のベータ版をリリースすると発表した。これは来年に商用化される見通しだ。

ハーモニーOS 2.0はエンドツーエンドの遅延を10ミリ秒まで短縮する。有効処理量が2.4Gbpsに達し、信頼性が30%向上し、ファーウェイの全シーンにわたるエコシステムの構築を実現する。

スポンサードリンク
余氏は大会で、 ハーモニーOSを正式にオープンソース化すると発表した。開発者はエミュレータ、SDKパック、IDEツールを付与される。ファーウェイは中国開放原子開源基金会にコードを寄贈する。余氏は「ハーモニーOSは今月10日より、大型ディスプレイ、腕時計、車載などの128KBから128MBの端末にソースコードを公開し、2021年4月にメモリーが128MBから4GBのデバイスに向けソースコードを公開し、2021年10月以降に4GB以上のすべての端末にソースコードを公開する」と述べた。 ハーモニーOS 2.0は第3者デバイスをサポートする。ファーウェイはすでに美的、九陽、老板などの家電メーカーと事業提携している。これらのブランドは ハーモニーシステムを搭載した最新の家電製品を発表する。
https://www.recordchina.co.jp/b834967-s10-c20-d0035.html

2020-09-12-k001.jpg

華為技術(ファーウェイ)によると、同社が開発した「Harmony OS」は早くも2021年にはスマートフォンに搭載され始める可能性があると伝えている。9月10日、「Huawei Developer Conference」で、Harmony OSの最新バージョンについて説明しており、同OSは完全にオープンソースのプラットフォームで、現在よりも高性能なデバイスに搭載されるとしている。 2019年に初めて発表されたHarmony OSは、Appleの「iOS」やGoogleの「Android」に対抗するもので、米国政府によって米国のテクノロジー製品やサービスの利用を禁じられた際、ファーウェイは、それまで利用していたGoogleのサービスに取って代わるものとしてHarmony OSを設計した。

Yu氏によると、ファーウェイはこの1年間、「App Gallery」(ファーウェイ版の「App Store」または「Google Play」)の成長に注力し、開発者を引き込んできたとしている。同社は今、世界で3番目に大きいアプリのエコシステムを提供しているとし、Harmony OS向けに開発されたアプリは、スマートフォンだけでなく、テレビやスマートウォッチ、車載システムなどでも動作し、他のスマートフォンメーカーだけでなく、あらゆる種類のテクノロジー企業に可能性を開くとしている。

関連記事

[ 2020年09月12日 08:28 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp