韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  次期政権、「IT後進国」脱却へ成長戦略を

次期政権、「IT後進国」脱却へ成長戦略を

7年8カ月に及んだ第2次安倍晋三政権の後を受けて、間もなく新政権がスタートする。次期総理につながる自民党総裁選では石破茂元幹事長、菅義偉官房長、岸田文雄政調会長の3候補がテレビ出演や日本記者クラブ討論会舌戦を展開している。「アベノミクスの継承」を掲げる菅氏が多くの党内派閥の支持を得て有力という。

アベノミクスは異次元の金融緩和と積極的な財政政策が二枚看板だが、これだけではコロナ禍で疲弊した経済再興は難しい。アベノミクスでほとんど進展しなかった「第3の矢・成長戦略」に向けた抜本的構造改革が急務である。日本の労働生産性は主要7カ国(G7)で最も低く、米国と比べると約6割の水準にとどまる。経済協力開発機構(OECD)加盟国36カ国中でも21位と低迷する。生産性向上は待ったなしの課題である。

菅氏は、新型コロナウイルスへの対応で遅れが明らかになったデジタル分野の強化が最優先課題と位置付け、「デジタル庁」の創設を検討している。IT(情報技術)行政の担当が内閣府や経済産業省、総務省などに分かれているため、迅速に対応しにくいのは事実。雇用調整助成金のオンライン申請など多くの分野で不具合が続出。医療や教育でもオンライン化の遅れが目立ち、日本はIT後進国ぶりを露呈した。

スポンサードリンク
行政機関をはじめデジタル化の遅れを放置すれば、社会全体の足を引っ張り、経済成長の制約要因となりかねず、米中がデジタル覇権を争う世界からも大きく劣後してしまう。デジタル庁は各省にまたがるデジタル部局を集約する。予算も一括計上でき、各省のシステム規格も統一しやすくなる。さらに、コロナ収束までの時限的措置として特例的に措置しているオンライン診療も恒久化することも実現してほしい。

目下の最優先課題であるコロナ対策では、感染拡大の防止などに、政治がしっかりと責任を持つことも重要だ。雇用維持や事業継続などで今後も躊躇なく対策を講じる必要がある。最低賃金の引き上げや不妊治療の支援拡大など社会保障制度の改革に取り組み、再度の雇用調整助成金などで雇用確保に総力を挙げるべきだ。 さらに中小企業対策も目玉政策としてほしい。日本の中小企業は現在、小規模事業者を含め約358万社あり、企業全体の99・7%を占める。中小企業白書によると従業員1人あたりの付加価値額を示す「労働生産性」の中央値は大企業の585万円に比べ、中規模企業は326万円、小規模企業は174万円にとどまる。
https://www.recordchina.co.jp/b834954-s124-c10-d1124.html

2020-09-10-k002.jpg

安倍政権の経済政策は金融緩和と積極財政に傾斜し、アベノミクス「第3の矢」である成長戦略は失敗した。次期政権には、規制改革や構造改革など抜本的な成長対策を実施してほしいと思うが、ただ企業は新型コロナ感染で、内部留保金での投資に踏み切っている。そういう意味では企業は成長戦略の実施を遂行している。より実施しやすい環境つくりが求められる。

2030年、75歳以上人口は2278万人とピークを迎える。15年より4割も増え、医療や介護費の増加は確実となる。一方で、国・地方の借金残高は2020年度末の予測で対GDP(国内総生産)比216.4%。過去に200%を超えた。巨額債務を前に、経済成長と財政支出の伸びを抑えながら、地道に「異次元の世界」から脱却すべく、企業成長につながる抜本的構造改革が必要となる。

関連記事

[ 2020年09月13日 09:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp