韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、きょうから菅時代…得票率70%で圧勝の予想

日本、きょうから菅時代…得票率70%で圧勝の予想

安倍晋三首相の後任となる菅義偉官房長官が14日、自民党総裁に選出される。菅氏は石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長と共に出馬した自民党総裁選挙で、全体の約70%の票を得て圧勝するものと予想されている。 毎日新聞は12日、菅氏が投票に参加する自民党国会議員394人のうち約300人の票を確保していると分析した。141票ある地方票でも強さを示せ、80票以上の支持を得るものと予想されている。これに先立ち、朝日新聞・読売新聞も菅氏が2位に大きな票差をつけて総裁選挙で勝利すると見られると報じた。菅氏は16日に国会で首相に選出された後、新内閣を率いることになる。

菅氏は12日、日本記者クラブが主催した自民党総裁候補公開討論会で、「外交は継続が大事だ」と日米同盟を重視する安倍の外交を継承するという立場を明らかにした。また、「安倍首相の首脳外交は本当に素晴らしい」と述べ、重要な問題は安倍氏と相談するとした。 菅氏はその一方で、「私は私なりの外交姿勢がある」という言葉で自身の長所を生かした外交を追求すると明らかにした。2012年12月から官房長官を務め、8年間にわたり政府の重要な外交・安全保障問題にはすべて関与してきたことを強調した。

菅氏は同日、日米同盟を基軸とした外交を繰り広げていくと述べたのに続いて、「中国・韓国など近隣諸国とかなり難しい問題があるが、戦略的にこうした国々と確実に関係を構築する外交をする」と語った。これは米中対立、香港人権問題、徴用賠償要求による韓日関係悪化などを念頭に置いた発言と見られる。

スポンサードリンク
菅氏は総裁選挙運動の過程で、徴用賠償問題は1965年の韓日請求権協定ですべて解決済みで、文在寅(ムン・ジェイン)政権は国際法を守るべきだと強調した。大法院の徴用賠償判決で差し押さえされた日本企業の資産が現金化されれば、すぐに報復措置をとるという見解にも変化がないと言われている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/14/2020091480003.html

2020-09-14-k007.jpg

日本の政治の核である官邸は青瓦台とは異なり、記者たちが首相に接近して観察するシステムが定着している。首相と記者たちは米ホワイトハウスのような建物を使用しているが、それよりももっと開放的だ。首相は5階で、記者たちは1階で仕事をしている。各報道機関の記者たちは3階のロビーに自由に上がることができる。ここで、官邸を出入りする首相に質問し、訪問者に注視する。日本の新聞が毎日、誰が首相と会ったか把握し、報道できるのもこのためだ。

朝鮮日報このようなシステムは、韓国でも2017年5月の文在寅大統領就任後から可能になるはずだったと報じている。文大統領が「大統領執務室を光化門政府庁舎に移転する」という公約を破棄していなかったらの話だ。東京で勤務していた元外交官の両国比較は核心を突いている。「日本の官邸出入り記者が毎日首相に会えないとしたら、サボっているか、首相が外遊中かだ。韓国の青瓦台出入り記者は特に何かなければ大統領に会うことはない」。

朴槿恵前大統領をはじめとする韓国大統領の悲劇は、すべて青瓦台の閉鎖性と不透明性に端を発する。「ろうそく大統領」は違うと断言したが、非公開・意思疎通不能・秘密主義の黒い幕はむしろ以前よりも厚くなった。全国民が嫌う安倍首相よりも、青瓦台の運営がうまくいかなかったのはなぜなのか。 朝鮮日報では、文大統領も前任者のように、外部と完全に遮断された青瓦台の居心地の良さにはまってしまった可能性もあると指摘している。

関連記事

[ 2020年09月14日 09:34 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp