韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「韓国が手を差し出せば道が開かれる可能性」…日本経済通3人が見た「スガノミクス」

「韓国が手を差し出せば道が開かれる可能性」…日本経済通3人が見た「スガノミクス」

「シュガノミクス時代が開かれた」。14、15日の2日間にブルームバーグTVやCNBCなど米国経済専門放送で最もよく聞かれた言葉だ。「砂糖(sugar、シュガー)経済」のように聞こえるこの言葉は、日本の新首相・菅義偉の経済政策を表す「スガノミクス(Suganomic)を誤って発音したものだ。

海外メディアが伝えたスガノミクスはこのように統一される。「アベノミクスのシーズン2」だ。日本を8年間率いた安倍晋三首相の基調が続くという予想だ。「日本が『安定性』を選択してアベノミクスを延長した」(ブルームバーグ)、「安倍首相の影でアベノミクスを率いた人物が前に出て安倍首相の影に向き合うことになった」(エコノミスト)などの評価がそうだ。

菅新首相に対する期待も大きくないようだ。むしろ否定的な雰囲気までが感じられる。「回転ドア首相の限界を克服できるかが注目される」(ウォールストリートジャーナル=WSJ)、「次の首相のために席を温める程度で終わる可能性もある」(フィナンシャルタイムズ=FT)という分析や予想も出ている。

スポンサードリンク
主要海外メディアの報道のように「安倍2.0」と呼ばれる菅新首相は、安倍首相のアバターと考えてもよいのだろうか。日本国内の専門家の見方は似ているようでやや異なる。Uターンや急ブレーキを踏むことはないが、安倍首相とは違う路線を踏んで自身のカラーを出す可能性があるということだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/270260?servcode=A00§code=A10

2020-09-15-k005.jpg

「菅内閣」の閣僚人事は、新防衛大臣に安倍晋三首相の実弟である岸信夫元外務副大臣を起用する方針を固めている。また後任官房長官には加藤勝信厚生労働相が有力視されている。加藤氏は安倍首相の家と近い関係と知られており、第2次安倍内閣で2年10カ月間官房副長官として官房長官だった菅氏と呼吸を合わせた。16日確定する閣僚人事では麻生太郎財務相兼経済副総理をはじめ、気茂木敏光外相、赤羽一嘉国土交通相、橋本聖子オリンピック担当相、萩生田光一文部科学相、小泉進次郎環境相の留任が確実視されている。

厚生大臣には田村憲久元厚生相の再登板が確定した。岸田文雄政調会長の後任には下村博文選挙対策委員長が任命された。選挙対策委員長には山口泰明組織運動本部長が、総務会長には佐藤勉元総務相が抜擢された。幹部4人が二階派・麻生派・細田派・竹下派に等しく配分されている。中央日報は、「菅内閣」の全容は新しい政権が安倍内閣の延長線上で政策を継承することを予告されている。多数が再任されたのはもちろん、新メンバーもほとんど「安倍側近」や「安倍政府ですでに閣僚を務めた人物」と報じている。

関連記事

[ 2020年09月16日 09:26 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp