韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「金正恩の船」を間違えて撃沈した北朝鮮海軍の警備艇

「金正恩の船」を間違えて撃沈した北朝鮮海軍の警備艇

北朝鮮海軍の警備艇が8月、金正恩党委員長が直轄する外貨稼ぎ機関、朝鮮労働党39号室が密貿易に使っていた船を、そうと知らずに「撃沈」してしまったと、脱北者で韓国紙・東亜日報記者のチュ・ソンハ氏が自身のブログとユーチューブ・チャンネルで伝えている。

船は中国から来た貿易船で、北朝鮮が密輸出した干しイカを積んでいたとのことだ。大雨や台風による度重なる被害からの復旧事業のため、そして10月10日の党創建75周年を盛大に祝うため、金正恩氏は外貨がいくらあっても足りない状況だろう。知らなかったとは言え、そんな重要な船を撃沈してしまったとは、警備艇に乗っていた軍人たちはどうなってしまったのか。チュ氏は言及していないが、非常に気になるところだ。 核・弾道ミサイル開発に対する長期にわたる経済制裁に加え、新型コロナウイルスの流入を防ぐための貿易停止が、北朝鮮経済に大きな打撃を与えている。外貨事情もひっ迫していると思われる。

共同通信の5月11日付の報道によれば、タイの北朝鮮レストランの常連客だった日本人らが昨年春、女性従業員に紹介された「北朝鮮外務省のディレクター」を名乗る男性から北朝鮮産アサリを中国産と偽装し密輸しないかと持ち掛けられていたという。海産物は北朝鮮の主要な輸出品のひとつだが、2017年の国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮産の海産物輸出が禁じられている。

スポンサードリンク
また、例年ならイカの漁期となる6月以降、日本海の好漁場・大和堆周辺では大量の北朝鮮漁船が違法操業し、問題となってきた。ところが今年は7月末までに海上保安庁による退去警告はゼロで。水産庁の漁業取締船による警告も1隻のみだった。国内に新型コロナウイルスが流入するリスクを極限まで減らすため、外部との接触可能性を最大限、回避しているためと思われる。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200918-00198762/

2020-09-19-k001.jpg

現在の北朝鮮経済は、制裁、新型コロナウイルス、水害の三重苦で貿易・産業・財政・市場が同時に崩壊または混乱に陥る「パーフェクトストーム(未曽有の大嵐)」の状態になる可能性が高まっている。パーフェクトストームは複数の危機が同時に起きることを意味する。国際社会からの制裁により北朝鮮経済が急激に委縮しているが、1990年代に食糧難と経済難で多数の餓死者が出た「苦難の行軍」のような状態にまで悪化してはいない。

国際社会の大規模な人道支援の必要性を報じているメディアは多い。人道的危機が安全保障の危機へとつながらないよう大規模な支援プログラムを速やかに実施する必要があるとした上で、緊急性を考慮し、来年1月に予定される朝鮮労働党の党大会前のできるだけ早い時期を選択しなければならないとしている。また、人道支援のための物資輸送、金融取引などについては一時的に制裁の猶予を検討する必要があるとも伝えている。そんな中での外貨稼ぎの船撃沈であるから、金正恩の怒りはおさまらないのではないか…。

関連記事

[ 2020年09月19日 08:22 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp