韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型コロナの影響で世界のK-POPブームに陰り?=韓国ネット「希望を持とう」

新型コロナの影響で世界のK-POPブームに陰り?=韓国ネット「希望を持とう」

2020年9月16日、韓国・チャンネルAは「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、世界のK-POPブームに陰りが見えてきた」と報じた。記事によると、韓国のアイドルグループ・BTSやBLACKPINKが世界で活躍する一方で、中小規模の芸能プロダクションは新型コロナウイルス感染の影響でイベントやフェスティバルが相次いで中止になるなど「存続の岐路」に立たされており、新人らもデビューができない状況が続いているという。

今年初めのデビューが予定されていた女性アイドルグループ「ブラックスワン」は、初舞台が無期限延期となっている。メンバーらは「ダンスと歌以外に成功できる道はない」「家族に仕送りしたくてもできない」など、もどかしい胸の内を吐露しているという。所属事務所代表も「零細プロダクションの多くは倒産し、生き延びるのが難しい状況だ。(デビューの)準備期間だけでも1カ月に2~3000万ウォン(約180~270万円)の出費がある。今はほぼ全滅状態」と話しているという。現場では「政府の支援対策が演劇、舞踊などに偏っており、大衆文化産業である芸能プロダクションを冷遇している」という不満も出ているという。

これを受け、韓国のネット上では「コロナでK-POPはかなり打撃を受けている」「政府の実態のないK-防疫のせいで、企業が死んでゆく」との嘆き節や、「デビューのために血のにじむような努力をしてきただろうに…。でも希望を持って頑張って練習に励んで。今はみんな大変な時期だけど、これを越えたらいい知らせがきっとあるから」「大変な時期だけど、これに打ち勝って夢を叶えてください!」など励ましの声が寄せられている。

スポンサードリンク
ただし「今後はマネキンのような容姿でお金を稼ぐのではなく、歌手なのだから歌で勝負して」「(アイドル業界が)厳しいところだということは本人たちもよく分かってると思うけど」「現実を見て別の仕事を探した方がいい」など厳しい声も上がり、韓国の芸能界に関しても「韓国は国民の数に比べて芸能人が多過ぎる。これを機に少し減らさないと」「いつも同じテレビに出てるのは同じ芸能人ばかり。色んな人をキャスティングしてほしい」との指摘が出ている。
https://www.recordchina.co.jp/b836760-s0-c70-d0127.html

2020-09-21-k003.jpg

韓流ファンには広く知られたストリーミングサービスに、「VLIVE」というものがある。これはLINEの親会社であるNAVERが運営しているもの。防弾少年団(BTS)など人気韓流スターが、ちょっとしたオフシーンやパフォーマンス映像などを配信しており、視聴は基本的に無料だ。このVLIVEがコロナ禍の中、新たに「Beyond LIVE」なる、有料のオンライン専用のコンサートを始めている。Youtubeやインスタライブなどでもできるが、Beyond LIVEはオンラインコンサート専用としてさらなる工夫がされている。たとえば本格的なデジタル映像を組み合わせた舞台演出や、ファンがチャットメッセージを書き込みそれをアーティストが瞬時に読んで反応する。

最大の特徴は、会場とファンをリモートでつなぎ、アーティストとファンが相互にやり取りする、というシステムにあるだろう。そのためライブ会場の壁面には、トークタイムになると、抽選で選ばれたファンの顔が無数に映し出される。そして、さらにその中から選ばれたファンは、アーティストに直接質問をし直接答えてもらえる。1公演の視聴料は、使用する機器によっても違うが、3500円前後。なかなかいい価格だ。これに乗っかったのが、韓国の最大手事務所・SMエンターテイメント。お抱えのアイドルグループを使って、Beyond LIVEを積極的に開催し稼ぎまくっている。

最近の韓流アイドルは、アジアを飛び越して全米進出に熱心だ。先陣を切ってBeyond LIVEをおこなったSuperMの場合、昨年、韓国からではなく先にアメリカからデビューを果たしている。そのためファンは全世界に広がっており、何とこのBeyond LIVEは7万5000人ものファンが視聴。視聴料を3500円とすると、単純に2億6000万円以上稼いだ計算になる。さらにこのBeyond LIVEでは、同時にデジタルペンライトやTシャツなども販売しているので、その売り上げも加えると収益は3億円近くになったといわれる。

関連記事

[ 2020年09月21日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp