韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  2025年の世界経済、保護貿易主義による損失1046兆円

2025年の世界経済、保護貿易主義による損失1046兆円

米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)と英国に本部を置くHSBCグループが17日に共同で発表した報告書「開放型貿易:10兆ドル」によると、世界各国の政府がグローバル貿易の活動を妨げる関税や非関税障壁を撤廃または軽減する行動を取らなければ、2025年のグローバル経済は保護貿易主義による損失が10兆ドル(約1045兆8000億円)にも達するという。中国新聞社が伝えた。

同報告書は、開放型貿易と保護貿易主義がそれぞれ世界の経済・貿易活動にもたらす利益・弊害について量的な形で比較検討を行っている。同報告を作成した研究チームはモデルを通じて2つの状況におけるG20(主要20カ国地域)間の物品貿易往来を分析した。1つ目はグローバル貿易が高度に開放されルールに基づく方法で行われたと仮定した状況、もう1つは最大限の貿易制限、うち世界の平均関税率が上昇、持続的な貿易摩擦により発生した関税、貿易円滑化措置の削減などを含む貿易制限が存在すると仮定した状況だ。

同報告によると、貿易が高度に開放された状況において、グローバル貿易額は今後5年間で毎年2.0~2.6%増加し、世界のGDP(国内総生産)は毎年1.8~2.3%増加することになる。反対に制限の多い保護貿易主義が蔓延する状況の中では、グローバルの貿易額もGDP成長も停滞するという。指摘しておかなければならないのは、この研究は物品貿易のみを分析の対象としたことで、サービス貿易も計上すれば、開放型貿易が生み出す価値はさらに大きなものとなる。

スポンサードリンク
BCGのラマチャンドラン取締役社長(シニアパートナー)は、「現在のグローバル経済が新型コロナウイルス感染症の打撃に直面する状況の中、今回の研究により、開放型貿易を推進すればグローバル経済とすべての国が利益を受け、そこから生まれる経済成長が世界各地に雇用機会をもたらすことが示された」と述べた。 HSBCグローバル貿易・融資業務のグローバル主管を務めるナタリー・ブライス氏は、「ポストコロナ時代の経済回復を推進する過程で、貿易に果たすべき役割を果たさせることが極めて重要だ。また、より多くの開放的政策を打ち出すことは世界経済ができるだけ早く成長を取り戻すのにプラスだ」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b837210-s10-c20-d0046.html

2014-01-08-wa-2.jpg

紙と鉛筆による管理、運、大規模で世界的な移動、不透明なサプライチェーンが支える今日の世の中は、大量のエネルギー、物質、時間を無駄にしている。新型コロナウイルス感染拡大により長期的に国や地域間の移動ができない状態となったこともあり、製品の設計や製造を手掛ける企業は、製造ラインから始まり、サプライチェーン全体にわたる製品やプロセスのデータを集約し、インテリジェントに変革し、状況に応じながら送り出す、クラウドベース・テクノロジーの採用を急速に進めることになる。

2025年までに、このデータのユビキタス化の流れと、それを処理するインテリジェントアルゴリズムにより、製造ラインにおけるアウトプットと品質の向上へ絶えず最適化を行うことが可能になり、製造における無駄は全体で最大50%削減されると考えられる。その結果、より高品質の製品を、より早く、より安価に、そして、環境にも優しい方法で手にすることができる可能性が高まる。

また2025年までに、量子コンピューティングはその黎明期を脱し、第一世代の商用デバイスが実世界の重要な課題への取り組みに使われるようになる。この新時代のコンピューターの主な用途のひとつとなるのが、複雑な化学反応のシミュレーション。これは、新薬開発の新たな道を切り開く強力なツールとなる。量子化学計算によって、特定の特徴を持った新素材を作り出せば、例えば自動車産業で、排出量を抑制し気候変動に対抗するより優れたカタリストを生み出すことが可能。

現在、医薬品や高機能材料の開発は、作っては試すやり方が主流。何度もやり直すので時間もお金もかかります。製品開発サイクルの短縮と研究開発コスト削減に大幅に貢献する量子コンピューターは、この状況をあっという間に一変させることになる。

関連記事

[ 2020年09月22日 08:52 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp