韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  医療物資でますます中国に依存する米国

医療物資でますます中国に依存する米国

2020年9月21日、環球時報は米フォーブス誌の記事を引用し、新型コロナウイルスに関連した医療物資で、米国が輸入するN95マスクやその他の使い捨てマスク、サージカルタオルなどの製品のうち、中国製の占める割合は85%を超えており、ますます中国に依存するようになっていると伝えた。

記事は、新型コロナの死者数が20万人近くに達する米国では、個人用防護具(PPE)の紡績品の輸入が急増しており、米国が中国から輸入する製品の中で最も増加率が高いと紹介。今年1月から7月までの中国からの輸入総額は14.71%減少したが、PPE製品の輸入は395.47%増となっており、108億ドル(約1兆1230億円)に達したという。 米国でも生産能力を上げてはいるものの、「医療物資の方面では米国はこれまでにないほど中国に依存するようになっている」と記事は指摘。増加した輸入製品は主に個人の防護用品だが、ほかにもクッションや枕カバー、横断幕、国旗なども含むという。

記事は、「米国国内にも国旗メーカーはあるが、今年に入ってから7月までの中国から輸入した米国国旗が全体に占める割合は98.91%に達した」と紹介。しかし、N95マスクの輸入額は14億ドル(約1456億円)であるのと比べると総額428万ドル(約4億4510万円)の米国国旗はごくわずかな額だと伝えた。

スポンサードリンク
記事によると、紡績品の防護用品以外に、防疫と関係のあるプラスチック製品の中国からの輸入も増えているという。これにはエアベッドやプラスチックマスク、その他の実験室用品などがあり、輸入量は13.22%増加しており、米国が輸入するこれらの製品のうち中国からの輸入が53.72%を占めると伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/b837173-s0-c20-d0062.html

2020-06-29-k002.jpg

中国経済は政府の経済対策も奏効し、今年3月以降コロナ禍からいち早く立ち上がり、比較的順調に回復してきた。最近の経済統計では、今年5-7月ほどの楽観的な見方はやや後退したが、8月に入っても国内需要が底堅く推移した。製造業からサービス業への経済回復の恩恵が広がっており、コロナ前の経済成長ペースへと戻りつつある。中国の国家統計局が8月31日に発表した製造業購買担当者景気指数PMI(8月)は51.0で、7月の51.1から低下し、予想の51.2をわずかながら下回ったが、景況改善・悪化の分岐点の50は引き続き上回っており、中国の製造業は新型コロナウイルスが流行する前の水準に回復してきている。

翌9月1日に財新/マークイット社が発表したデータで見ると、製造業購買担当者景気指数PMIは53.1で、前月7月の52.8から上昇した。2011年1月以来でおよそ9年ぶりの高水準となり、景況改善・悪化の分岐点となる50を4ヵ月連続で上回った。生産の増加も継続し約10年ぶりの大幅な伸びを記録しており、需要の回復に応じて製造業者が生産を拡大している。ただ、雇用指数は8ヵ月連続で50を割り込む水準となり、一部の企業では、需要増加に対応するため採用を拡大するなど、雇用市場にも改善の兆しも見られるが、雇用の拡大にまで踏み込むことには躊躇している。

関連記事

[ 2020年09月23日 08:22 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp