韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「ビッグヒット」公募価格は1株13万5000ウォン

「ビッグヒット」公募価格は1株13万5000ウォン

来月15日に総合株価指数(コスピ)上場予定の防弾少年団(BTS)の所属事務所・ビッグヒットエンターテインメントの公募価格が、希望価格の最高額である1株=13万5000ウォンに決まった。機関投資家の競争率は1117.25対1となった。来月5日と6日は一般投資家向け申込が行われる。ビッグヒットは今月24日と25日に機関投資家対象の需要予測結果をもとに、公募価格を1株=13万5000ウォンに決定したと、28日公示した。会社側が希望した公募価格帯(10万5000〜13万5000ウォン)の最上段である。

機関投資家の需要予測参加者(1420件)のうち97.25%(1381件)が、公募価格が1株=13万5000ウォンを超えても公募に参加すると明らかにしただけに、株価のさらなる上昇余力があるという分析が出ている。ただ、各機関の義務保有確約(15日〜6ヶ月)の割合は43.85%で、SKバイオファーム(81.15%)、カカオゲームズ(58.59%)より低い。上場後株価が上昇すれば、各機関の差益実現の売りが出かねないという意味だ。

一般投資家向け申込は、来月5日から2日間NH投資証券、韓国投資証券、未来(ミレ)アセット大宇(テウ)、キウム証券で行われる。当該証券会社の口座がなければ申し込みできない。これに先立って、カカオゲームズの競争率は1524対1だった。国内申込の最高競争率は、イルダの3039.56対1(7月)だった。市場に供給された投資待機資金が、今回の申込に大量に集まるかも注目される。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
機関投資家の需要予測参加者(1420件)のうち97.25%(1381件)が、公募価格が1株=13万5000ウォンを超えても公募に参加すると明らかにしただけに、株価のさらなる上昇余力があるという分析が出ている。ただ、各機関の義務保有確約(15日~6ヶ月)の割合は43.85%で、SKバイオファーム(81.15%)、カカオゲームズ(58.59%)より低い。上場後株価が上昇すれば、各機関の差益実現の売りが出かねない。

2020-09-30-k002.jpg

一般投資家向け申込は、来月5日から2日間NH投資証券、韓国投資証券、未来(ミレ)アセット大宇(テウ)、キウム証券で行われる。当該証券会社の口座がなければ申し込みできない。これに先立って、カカオゲームズの競争率は1524対1だった。国内申込の最高競争率は、イルダの3039.56対1(7月)だった。市場に供給された投資待機資金が、今回の申込に大量に集まるか注目される。

朴槿恵前政権時にK-POPを自国文化から韓国経済に押し上げたわけだが、K-POP人気云々と言う記事が経済記事でトップを飾る様では困りごとだろう。小さい事務所だけに、いくら売り上げたところで、自国民への影響はない。まして構図は日本で儲けて、米国進出でまた日本へ戻るというサイクルを繰り返す。日本でのK-POP人気で、オリコン一位が韓国と言うのも日本の音楽界としては寂しい気もするが。

関連記事

[ 2020年09月30日 08:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp