韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「世界で最も売れたスマホ」ランキングでサムスンがまさかの結果に

「世界で最も売れたスマホ」ランキングでサムスンがまさかの結果に

2020年9月3日、韓国メディア・アジア経済は、今年上半期に世界で最も売れたスマートフォンランキングで「サムスンからのランクインは1つだった」と伝えた。記事によると、英調査会社オムディアは、今年上半期に単一機種として世界で最も売れたスマートフォンはアップルのiPhone11で3770万台だった。これは、昨年上半期トップだったiPhoneXR(2690万台)より1080万台多いという。

2位はサムスン電子のGalaxy A51(1140万台)、3位はシャオミのRedmi Note 8(1100万台)、4位はRedmi Note 8 Pro(1020万台)、5位はアップルのiPhone SE(870万台)だった。6位以降はiPhone XR(800万台)、iPhone 11 Pro Max(770万台)、Redmi 8A(730万台)、Redmi 8(680万台)、iPhone 11 Pro(670万台)となっている。記事は「アップルとシャオミが高い市場掌握力を誇示した一方で、サムスン電子は中低価格の1機種にとどまった」と伝えている。昨年上半期には4機種がランクインしていたため、オムディアは「サムスン電子の主力スマートフォンが10位内にランクインしなかったことは、サムスンにとって重要な変化」と指摘したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「フラグシップ市場はiPhoneの1人勝ちだね」「iPhoneは5機種もランクインしてるのに、サムスンは中レベルの1機種だけ…」「サムスンのGalaxyシリーズは今や韓国国内用に転落してるってことか」と嘆く声が上がっている。

スポンサードリンク
また、「市場が求めるスマホを作るべきだ。低価格帯の座を明け渡したら、後に高価格帯のスマホ市場でも占領されてしまう」「高価プレミアムモデルはアップルに押され、安価モデルは中国に押され…。サムスンはグーグルのように技術的に優れたスマホを作った方がいいかも」など、サムスンのスマホ戦略を見直すべきとの指摘も少なくない。この他、「韓国を世界経済大国にけん引してきたサムスンをたたく現政権。これだからうまくいくはずがない」などの声も上がっている。
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-833032/

samsun-3.jpg

サムスン電子が年初に発売した「ギャラクシーS20」シリーズの販売が振るわない。サムスン周辺では歴代のギャラクシーSのうち最悪の成績を出すのではないかとの懸念が出ている。実際に年間販売台数が3500万台程度だったこれまでの製品と違い、S20は2000万台にとどまるだろうという分析まで出ている。サムスン電子でスマートフォンを担当するIM(IT・モバイル)部門もパニックになった。このままでは2012年以降維持してきたスマホ事業の「売り上げ100兆ウォン・営業利益10兆ウォン」が崩れかねないという危機意識のためだ。S20の販売不振は新型コロナウイルスが最大の原因に挙げられるが、サムスンのスマホ事業の根本的な競争力低下を指摘する声も多い。

サムスンの場合は、高い販管費で、低価格スマホをインドやインドネシアでばらまく。特に低価格スマホは、スマホ売り上げと言うよりは販売戦略に近い。単にばらまきとなり、赤字拡大のネタでしかない。スマホ製造において、重要パーツは日本部品も多く、ライセンス料を支払い、更に販管費となる莫大な宣伝力で、世界一位のスマホ出荷数を維持してきたが、現実利益は半導体に比べれば非常に少ない。ましてアップルとは比較にはならない。中国スマホ企業も伸びてきており実質アジア新興国では、中国スマホが実用化と言う面で拡大しつつある。

関連記事

[ 2020年09月30日 09:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp