韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の原発で手抜き工事、4年前に完成した原発でも50センチもの隙間

韓国の原発で手抜き工事、4年前に完成した原発でも50センチもの隙間

2020年10月6日、韓国・ニュース1は、韓国の原子力発電所で手抜き工事が発覚したことについて報じた。記事によると、韓国水力・原子力発電会社の資料を分析した結果、今年になって原子力発電所の原子炉建屋から37カ所の隙間が追加で見つかり、計332カ所に達した。ハンビッ2号機で3カ所、ハンビッ4号機で19カ所、ハンビッ5号機で1カ所、古里(コリ)3号機で5カ所、古里4号機で3カ所、新古里3号機で2カ所、ハンウル2号機で1カ所、ハンウル5号機で2カ所、ハンウル6号機で1カ所で、中でも2016年に竣工して営業運転を始めた新古里(シンゴリ)3号機では、49.5センチもの隙間が発見されたという。

また、格納容器の内部鉄板(CLP)でも安全に深刻な問題があることが明らかになった。CLPの腐食が10基で1605カ所も発見され、厚さの基準である5.4ミリ未満も14基で1万7466カ所確認されたという。なお、韓国原子力安全委員会は最近、原子炉建屋の隙間の発生原因について「手抜き工事」という結果を発表していた。

これを受け、韓国のネット上では「手抜き工事をした建設業者を明らかにして」「手抜き工事をした施工業者の責任追及と課徴金を徴収すべき」と厳罰を求める声をはじめ、「国会の不正が原因」「裏でどれだけの大金を手にしたのだろう」「工事期間を急かさずに、協力会社に資金を十分に与えたら手抜き工事などしないはず」などさまざまな憶測が飛び交っている。
https://www.recordchina.co.jp/b840819-s0-c30-d0127.html

スポンサードリンク
2020-10-08-k003.jpg

日本にも九州地方を中心に甚大な被害をもたらした台風9号・10号で、韓国の原子力発電所は合計6基が停止した。その原因を調べると、天災だけが原因とも言い切れない。停止した原発の数は、なんと6基。緊急停止した理由についても当初は報道されていなかったのだが、数日後に停止の原因とされたのは「台風が運んできた塩分」だとしている。だが、塩分で停止するというのは、通常はあり得ない。なぜなら、この原発は海辺に立地する。つまり、防水対策をしていないはずがない。

9月3日、台風9号「メイサーク」の影響で、釜山機張郡の古里原子力発電所3号機と4号機が稼動を停止した。また同日の台風で、新古里1号機・2号機と合わせて、計4基の原子炉が順次停止した。さらに7日午前には台風10号「ハイシェン」の影響により、月城 2号機・3号機が相次いで停止した。これで合計6基の原発が停止したことになる。当時は原因不明とされていたのだが、韓国電力公社の原子力・水力発電子会社「韓国水力原子力」の独自調査の結果が出た。それによると、強風で飛ばされてきた塩分による内部の電力設備の故障のためと説明している。

韓国は2010年、アラブ首長国連邦と韓国初の原子炉輸出契約(APR-1400を4基)を結んでいる。その際、アラブ首長国連邦の電力会社社長は「韓国電力公社チームの世界最高レベルの安全性と、我が国の目標を果たす能力に感心した」と述べている。だが台風で停止するような原発に、世界最高レベルの安全性などあろうはずがない。

関連記事

[ 2020年10月08日 08:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp