韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国のいないところで北朝鮮問題を議論?日本の積極姿勢に焦る韓国

韓国のいないところで北朝鮮問題を議論?日本の積極姿勢に焦る韓国

2020年10月7日、韓国・ヘラルド経済は「韓国が加盟をためらう米主導の反中国協議体のクアッド(Quad)で日本が『北朝鮮問題を扱うべきだ』と積極的な姿勢を見せている」とし、「新たに発足したアジア太平洋安全保障協議体で東アジアの安全保障問題を主導する日本を見て、外交界では『韓国が外交的に孤立する可能性がある』との懸念まで出ている」と伝えた。

東京で6日、日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国(クアッド)外相会談が行われた。記事によると、会談では日本が「北朝鮮の核とミサイルはアジア・太平洋地域の安全保障にとって深刻な問題」としてクアッドの主要議題として扱うことを提案。実際に北朝鮮の核問題が重点的に取り上げられたという。 記事は「クアッド外相会談をきっかけに行われたマイク・ポンペオ米国務長官との2者会談でも日本は北朝鮮問題を強調した」とし、「日本が反中国協議体であるクアッドで北朝鮮問題を強調しているのは、新たな安全保障体制で主導的役割を確保するための布石とみられる」と分析している。

ある外交消息筋は「クアッドを通じて日本は東アジア地域の安全保障の主導権を確実に握ろうとしている」とし、「今回の外相会談で日本は北朝鮮を主要議題として扱い、拉致問題の解決に加えて日米安全保障の構図も変えようとしている。日本が主導する東アジア安全保障の議論で韓国が孤立する危険性もある」と説明したという。 また、記事は「東アジアの安全保障問題におけるクアッドの存在感が高まるにつれ、韓国の外交的立場は狭まっている」と指摘。「クアッド外相会談をきっかけに訪韓する予定だったポンペオ長官はドナルド・トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染を理由に訪問を中止した」と説明し、「クアッドへの参加に反対の立場を示す韓国の外交的優先度が下がったのではないか」と懸念を示している。

スポンサードリンク
これについて韓国国民大学のパク・フィラク教授は「北朝鮮の核に対抗する日米韓協力はパワーバランスが取れていなければならないが、パワーが日米同盟に傾けば反対に米韓同盟はパワーを失ってしまう」とし、「日米韓同盟のバランスをとるため政府が努力するべき」と指摘したという。
https://www.recordchina.co.jp/b793087-s0-c10-d0058.html

2020-10-08-k005.jpg

米中衝突の激しさが連日続く中、“反中戦線”に参加するよう、米国が韓国に圧力を加えている。米国は韓国に向かって経済繁栄ネットワーク(EPN)につづいて“クアッド・プラス(Quad Plus)”構想まで言及し「味方獲得」に乗り出している。ビーガン副長官は9月31日、米国・日本・オーストラリア・インドで構成されたインド太平洋地域の防衛協力体である“クアッド(Quad)”に、韓国・ベトナム・ニュージーランドまで含めた“クアッド・プラス(Quad Plus)”について言及している。

また米国は、米国主導の反中経済ブロックであるEPNについて、韓国側に幾度となく説明し、米国は韓国をはじめとして日本・インド・オーストラリアなどの友邦国を参加させ、脱中国戦略を加速化させる方針としてきた。だが韓国外交部はEPNについて「検討中の構想だと理解しているとしたままである。勿論、韓国政府が対外的に“慎重な態度”をみせるのは、中国からの反発を意識したためだ。特に習近平 中国国家主席の年内訪韓が近づいている中、反中戦線に対してより節制した姿をみせているとみられている。

もっとも日本政府からすれば、韓国など邪魔な存在でしかない。特に菅政権下では韓国無視がより明確となると考えるが。

関連記事

[ 2020年10月08日 09:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp