韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ベトナムの電気自動車第1号に韓国産部品使用

ベトナムの電気自動車第1号に韓国産部品使用

ベトナムの最初の電気自動車に、韓国中小企業の部品が使われることになった。ポスコインターナショナルは、ベトナムの自動車メーカーに韓国自動車部品メーカーであるイレAMSの電気自動車部品10万台分を供給することにしたと、13日明らかにした。今回受注した部品は、電気自動車の駆動軸の役割をするハーフシャフトだ。エンジンの駆動力を変速機を経て両方のタイヤに伝達する。ベトナム初の自動車メーカーであるビンファストは、来年から部品を受け、電気自動車の生産に突入する予定だ。

ビンファストは、ベトナム最大手民間企業・ビングループが設立した会社で、来年、初の電気自動車の量産を目標にしている。イレAMSは、車両駆動、制動、ステアリング関連部品を専門的に生産する中小メーカーで、2011年から米国などに輸出している。ポスコインターナショナルの関係者は、「最近、エコカーグループを新設して、電気自動車市場への攻略に乗り出している」とし、「未来戦略車種である電気自動車の部品受注を機に、今後、現地事業や投資拡大が期待される」と語った。

ポスコインターナショナルはこれと共に、ポスコSPSが生産した自動車部品を欧州自動車部品メーカーに供給している。エコカー駆動モータのコア部品である「モーターコア」で、ポスコの特殊電気鋼板が使われている。ポスコインターナショナルは、来年、欧州営業網を本格的に稼動して、顧客と対象車種を拡大する方針だ。

スポンサードリンク
ポスコインターナショナルは今年5月、輸出入銀行、ソウル保証保険と推進することにした韓国中小企業の輸出支援強化事業をはじめ、国内強小企業の海外事業基盤の拡大にも積極的に乗り出している。これまで韓米ADMは輸出成長資金10億ウォンの支援を受けており、トンジンモーター工業とS&Sは、それぞれ米国とドイツで生産と研究開発(R&D)の基盤を用意することができた。
https://www.donga.com/jp/

2020-10-14-k003.jpg

自動車製造に参入したベトナムの不動産最大手、ビングループはベトナム国営石油会社、ペトロベトナムと電気自動車(EV)の充電ステーションの設置で合意している。ペトロベトナム傘下企業が持つ給油所で、2020年までに2万カ所の充電ステーションを整備する。大手同士が協力し、ベトナムでのEV普及を後押しする。ビングループは17年にベトナム初の国産ブランド車を生産する意向を表明。傘下のビンファーストは同国北部ハイフォンに新工場を建設した。18年中に電動バイク、19年にはSUV(多目的スポーツ車)なども投入し、EVの生産・販売方針も打ち出している。

ビングループはベトナム国内で3万~5万カ所の充電ステーションを整備する計画を持つ。ペトロベトナムとの合意はその一環となる。傘下のガソリンスタンドでEVの充電だけでなく、バッテリーのレンタルなどもできるようにするという。ビングループは、同社傘下の「ビンファスト」が今年11月のロサンゼルスモーターショーに出品する同社初のEV車両のテストを実施中としている。ビンファストは2021年7月から車両の量産を開始し、米国市場に投入するという。

この車両は1回の充電で最大500キロの走行が可能で、世界最大のEV向けバッテリーメーカーの1社である韓国のLG化学製バッテリーを搭載している。ビンファストの車両のデザインはイタリアの名門であるピニンファリーナが手がけた。一方でバッテリーで発火が問題となっているが、現状ではベトナムの対応は今後という事になりそうだ。 国際エネルギー機関(IEA)のレポートによると、世界のEVの年間販売台数は2018年に約500万台だったが、2030年までに4400万台に達する見通しという。

関連記事

[ 2020年10月14日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp